お知らせ

2017年2月7日

ゲインキャピタル・ジャパン株式会社

 

【重要】全取引ツール(MT4、FOREXTrader、Advantage Trader)対象

法人レバレッジ変更のお知らせ

 

平素よりフォレックス・ドットコムをご愛顧くださり誠にありがとうございます。

 

以前よりお知らせしていますとおり、法令にもとづき、平成29年2月27日から、店頭FXの法人口座に対してレバレッジ規制(注1)が導入されます。それに伴い、当社の法人口座向けレバレッジ(以下、「法人レバレッジ」と表記。)について下記のように変更いたします。

 

1. 一般社団法人 金融先物取引業協会(以下、「協会」と表記。)より毎週金曜日に発表となる通貨ペアごとの最大レバレッジに対して、一定の幅をもったレバレッジを適用いたします。例えば、協会発表のドル円の最大レバレッジが50倍の時、当社は40倍のレバレッジをお客様に適用いたします。(この例は、まだ決定ではありません。正式なレバレッジは下記の要領で発表いたします)。

 

2. 平成29年2月27日(月)より法人口座に適用されるレバレッジを、平成29年2月22日(水)までに当社ホームページに掲載いたします。同レバレッジは平成29年2月27日(月)の取引開始時から適用になります。(注2)をご参照ください。

 

3. その後、協会発表のある金曜日から数えて第3営業日(通常、水曜日)までに、翌月曜日から適用になる法人レバレッジを当社ホームページに掲載いたします。例えば、3月6日(月)から適用になる法人レバレッジを、3月2日(水)までにホームページに掲載いたします。(注2)をご参照ください。

 

 (注1)法人レバレッジ規制により、法人口座の場合は、協会が算出した通貨ペアごとの為替リスク想定比率を取引の額に乗じて得た額(=法定レバレッジで計算した必要証拠金額)以上の証拠金が必要となります。為替リスク想定比率とは、金融商品取引業等に関する内閣府令第117条第27項第1号に規定される定量的計算モデルを用い算出します。これにより、法人口座の場合、為替リスク想定比率(=法定レバレッジで計算した必要証拠金額)以上の取引証拠金が必要となります。

(注2)当社では、法定のレバレッジに一定の幅をもたせたレバレッジをお客様に提供いたしますが、それはレバレッジの変更が無いことを保証するものではありません。特定の通貨ペアにおいて、当社が提供しているレバレッジが法定のレバレッジより大きくなる又は大きくなる恐れがあるときに、当社はレバレッジを変更いたします。当社ホームページに掲載される法人レバレッジに関するお知らせを毎週ご確認ください。

 

法人口座でポジションを保有されているお客様につきましては、平成29年2月27日(月)午前7時の取引開始時から必要証拠金額が増加する恐れがありますのでご留意ください。2月7日時点での想定レバレッジについては、こちらをご確認ください。引き続き、当社からのお知らせやメール等にご注意くださいますようお願いいたします。

(注)本変更は法人口座が対象です。個人口座には影響はありません。

 

ご質問やご不明な点等ございましたら、当社クライアントサービスまでお問い合わせください。

 今後ともフォレックス・ドットコムをよろしくお願いいたします。

 

■クライアントサービス■
TEL:0120-288-168 または 03-5205-6957 
FAX:03-5205-6162 
E-mail: jpclientservices@forex.com
-----------------------------------------------------------------------------
FOREX.com
ゲインキャピタル・ジャパン株式会社
住    所:東京都中央区日本橋室町4-4-10 東短室町ビル3階
電話番号:0120-288-168 / 03-5205-6957
メールアドレス:jpinfo@forex.com
ホームページ:www.forex.com/jp

金融商品取引業:関東財務局長(金商)第291号
加入協会:一般社団法人 金融先物取引業協会 会員番号1539
-----------------------------------------------------------------------------