お知らせ

お知らせ

2017年5月31日
ゲインキャピタル・ジャパン株式会社

【重要】MT4サーバ移管のお知らせ

 

平素はFOREX.com(フォレックス・ドットコム)をご愛顧くださり誠にありがとうございます。
現在、MT4取引口座においてサーバ4、8、12をご利用のお客様へ下記お知らせ申し上げます。
当社では、平成29年8月12日(土)、13日(日)にMT4サーバの移管作業を実施いたします。平成29年8月12日(土)の取引終了時から下記の変更がございますのでご留意ください。なお、同変更は上記のサーバ4、8、12以外をご利用のお客様には影響ございません。
※メンテナンス時間中は取引ツールやマイアカウントにログインができなくなります。VPSをご利用の方はメンテナンス終了後に再接続をお願いいたします。(メンテナンス終了は当社ホームページにてお知らせいたします)。

今回の移管は、FOREX.comが5年連続顧客満足度No.1(国内、2016年12月Klug調べ)のMT4業者として、おかげさまで最近一層多数のお客様にお取引いただく中で、より安定性や発展性の高い取引環境をご提供させていただくため実施させていただきます。
取扱通貨ペアが49から84へと、人気のトルコリラ円を含め大幅に増加し、また銘柄表示のユニバーサル化、報告書機能の一層の充実の他、システム基盤も強化され、ますますお取引の充実を感じていただければと念願しております。
なお、移管後の口座は大好評の「無制限キャッシュバックプログラム」の対象となりますので、これまでのお取引にプラスアルファの楽しさを感じていただければ幸いに存じます。
合わせて、今回サーバ移管対象のお客様限定の特別キャンペーンもご用意しております。こちらは当社より対象のお客様に改めてお知らせいたします。

【お取引に関する主な変更点】

① 接続サーバの変更
8月14日(月)以降に初めてログインする際には、新しいサーバ名をご入力していただくことになります。新しいサーバ情報については別途お客様にお知らせいたします。
スマートフォンをご利用のお客様は、8月14日以降のログイン時に新しいサーバ名を選択していただくことになります。なお、ログインID・パスワードに変更は原則としてありません。(一部のお客様の場合、ログインIDやパスワードが変更となる可能性がありますので当該お客様には当社より別途ご連絡させていただきます。)

② スワップ・ポイントの付与方式の変更
メンテナンス以前:ポジションの決済時に一括で取引口座に反映する方式
メンテナンス以降:日々、取引口座に反映する方式
※8月12日(土)の取引終了後、現在、未実現損益となっているスワップ・ポイントを一括で実現損益として口座残高に反映する処理を行いますので、8月14日(月)以降の口座残高は、従来の未実現のスワップ・ポイントが課金又は付与された後の金額になります。

③ ポジション等の移管
オープン・ポジションの建値や発注中の注文で新サーバに引き継がれる情報
→取引種別・数量・通貨ペア・約定価格もしくは指値価格
※トレール注文については、トレール機能の無い指値又は逆指値注文として移管されます。

※引き継がれない情報は以下のように設定されます。
注文番号または取引番号・約定時間または発注時間・コメント・マジックナンバー

上記情報が引き継がれないために、EAやEAにより発注された注文が想定通りの動きを行わなくなる可能性があります。サーバ移管日前後にはEAの動作停止を含めた対応をご検討ください。注文番号やマジックナンバーを指定するEAを利用しているお客様は、サーバ移管された建玉がEAにて決済されるか否かについてEA開発元にお問い合わせください。

④ 通貨ペア名のシンボル変更
表示形式は以下のように変更されます。
USDJPYpro → USDJPY

・8月14日(月)以降に初めてログインした際、チャートWindowに通貨ペアデータを再読み込みする必要があります。通貨ペアデータをチャートに読み込むまでは、チャートに紐づいたEAは稼働しません。再読み込みはMT4画面の通貨ペア一覧よりチャートWindowに反映させたい通貨ペアをドラッグアンドドロップしていただくことになります。
・通貨ペア名のシンボルの変更により、EAやEAにより発注された注文が想定通りの動きを行わなくなる可能性があります。サーバ移管日前後にはEAの動作停止を含めた対応をご検討ください。

⑤ 取扱通貨ペア数の変更
取引可能な通貨ペアが49から84に増加します。トルコリラ円など人気通貨に加え、北欧・東欧通貨も取引可能になります。
取扱通貨ペア数の変更に伴い、既存の通貨ペアについても、価格、スプレッド、スワップ・ポイントが変更となります。なお、レバレッジやロスカットレベル(証拠金維持率100%)は同じままです。引き続き、証拠金の管理及び余裕を持った証拠金でのお取引をお願いいたします。

⑥ 必要な取引報告書やデータがありましたら移管前にお客様自身で出力・保存くださいますようお願いいたします。移管前の口座や取引に関する報告書やデータの一部が移管後にはご利用できなくなります。

⑦ 入出金や登録情報の変更のためのマイアカウントページへの入口が変更になりますのでご注意ください。

お客様にはお手数をおかけいたしますが、同サーバ移管はサービス向上のために必要な措置でございます。ご理解ご協力のほどよろしくお願い申し上げます。ご不明な点などございましたら下記までご連絡ください。

FOREX.com クライアントサービス
電話0120-288-168 または 03-5205-6957(有料) 平日9:00~21:00
電子メール:jpclientservices@forex.com
-----------------------------------------------------------------
FOREX.com
商号等:ゲインキャピタル・ジャパン株式会社
住所:〒103-0022 東京都中央区日本橋室町4-4-10 東短室町ビル3階
第一種金融商品取引業:関東財務局長(金商)第291号
加入協会:一般社団法人金融先物取引業協会 会員番号1539