お知らせ

2020年5月9日

ゲインキャピタル・ジャパン株式会社

トルコリラの証拠金率引き上げのお知らせ

平素よりFOREX.comをご愛顧いただきまして誠にありがとうございます。

直近のトルコリラの相場変動を受けて、5月12日(火)の午前6時から下記3通貨ペアの証拠金率を引き上げさせていただきます。

【個人口座】

通貨ペア  現在の 証拠金率   変更後の 証拠金率
 USD/TRY
 5%
 10%
 EUR/TRY
 5%
 10%
 TRY/JPY
 5%
 10%


【法人口座】

通貨ペア  現在の 証拠金率   変更後の 証拠金率
 USD/TRY
 3.25%
 10%
 EUR/TRY
 3.25%
 10%
 TRY/JPY
 4%
 10%

現在、上記ペアを保有しているお客様におかれましては必要証拠金が火曜日から増加いたします。口座には余裕を持った資金を保持されますようお願い申し上げます。また、相場の変動を受けて、FX及びノックアウトオプション取引において、スプレッドの拡大、スワップポイントの課金増、建玉制限、新規取引の停止、さらなる証拠金率の引き上げ等が生じる恐れがあります。トルコリラをお取引されるお客様はご留意ください。

その他の通貨ペアには変更はございません。

ご質問やご不明な点がございましたら、お電話または電子メールにてお気軽にお問い合わせください。

今後ともFOREX.com(フォレックス・ドットコム)をよろしくお願い申し上げます。


■クライアントサービス■

TEL 0120-288-168 または 03-5205-6957

FAX 03-5205-6162 E-mail jpclientservices@forex.com


【お取引に関する注意事項】

•当社の外国為替証拠金取引(FX取引)及びオプション取引(以下、両取引を「取引」といいます。)は、元本および収益が保証されているものではありません。FX取引はレバレッジを利用して取引代金に比較して少額の証拠金で取引を行うために、相場の変動による価格変動やスワップポイントの変動により、思わぬ損失が発生する場合があります。取引に必要な証拠金は、個人の場合は売買代金の4%、法人の場合は金融先物取引業協会が算出した通貨ペアごとの為替リスク想定比率を取引の額に乗じて得た額(=

法定レバレッジで計算した必要証拠金額)以上の証拠金額が必要となります。但し、リスク管理のため、特定の通貨ペアには上記より高い証拠金率(=低いレバレッジ)が適用されています。オプション取引の場合、予測と反対方向に外国為替市場が動き原資産価格がノックアウトレベルに達すると価値はゼロとなります。想定した前提と異なる場合、口座残高がマイナスとなるリスクがあります。


•両取引は、相場の急変時や週初の取引開始時等に、ロスカット、注文形態、価格配信の停止・再開により発注レートと約定レートが大きく乖離したり、停止時と再開時の配信価格にギャップが生じる等の理由で預託証拠金以上の損失が生じる可能性があります。

•両取引の前に「店頭デリバティブ取引に係るご注意」「お取引前の重要説明事項」「顧客取引契約書」等の規程、約款、マニュアルを必ず熟読し、取引の内容、危険性等をご理解いただいた上で、ご自身の判断と責任にてお取引ください。 各書類につきましては当社ウェブサイトのダウンロードセンターをご確認ください。

•取引手数料は無料ですが、当社が提示するレートには、買値と売値に差(スプレッド)があります。主要国政策金利の極端な変更や雇用統計など重要経済指標の発表前後、為替市場の流動性が著しく低下した場合(年末年始・クリスマス時期など)や相場急変時(震災などの天変地異や戦争など)においては、スプレッドが拡大することがあります。

•市場環境の急激な変化、パソコンの不具合、ネットワークの不具合、システム障害等、予期せぬ事象の発生などにより、取引ができなくなることおよび損失が生じることがあります。