プレスリリース

お知らせ

2009年3月18日
ゲインキャピタル・ジャパン株式会社

ゲインキャピタルがフォーチュン・キャピタルを買収

ゲインキャピタル(以下米国ゲイン社)は、ニューヨーク市場における外為証拠金取引のリーディングカンパニーであり、ウォールストリート出身のインターバンク関係者が中心となって1999年に設立されました。現在では世界約140ヶ国の個人投資家と機関投資家向けに為替流動性を提供する米国大手の外貨証拠金会社となっています。
ここ数年日本の外貨証拠金取引は、法的整備も進み、個人投資家の投資商品として市場が拡大しています。米国ゲイン社はこうした状況を踏まえて日本市場の成長性を高く評価しており、今回の提携に至りました。これによりまして、多くの顧客に今まで以上に質の高いサービスが提供できるようになります。尚、本提携をもって、米国ゲイン社はフォーチュン・キャピタル(以下フォーチュン社)の筆頭株主となります。

米国ゲイン社CEOグレン・スティーブンズは次のように述べています。
「米国ゲイン社の事業拡大戦略の中で、フォーチュン社の買収は非常に重要です。フォーチュン社は、顧客サービスの質や信頼性という点でも、業界では有数のFX業社です。この提携を通じて、米国ゲイン社の商品、取引システムや高い約定率等の強みを紹介して行きたいと思います。」

また、フォーチュン社CEOのタン・ウイピンは次のように述べています。
「米国ゲイン社の運営するFOREX.com(フォレックス・ドットコム)は、個人投資家向けのFXサービスに於いては、グローバルリーダーです。この米国ゲイン社の強みを日本の市場でも活かして行きたいと思います。これに伴いまして、フォーチュン社のお客さまも、米国ゲイン社の資金力に支えられた中で安心してお取引を行う事が出来ます。」

フォーチュン社は平成14年に日本のインターバンク経験者を中心に創業して以来、個人のお客さまにインターバンク並みの透明性が高く、安定した取引環境と取引価格を提供し、お客さまの多大なるご支持と信頼を賜って参りました。日本の外貨証拠金業務において、大手銀行での為替取引の経験者による専門性の高いチャートや情報提供を行う企業として成長を続けて参りました。今回の提携は大きな進化であり、為替取引に絶大な影響を与えるニューヨーク市場で活躍する相手とのパートナーシップを通じて安定的且つ優位な為替取引サービスを展開できる環境が整いました。

ニューヨーク市場で大手である米国ゲイン社との提携により、グローバルな為替取引サービスが提供できるようになるほか、弊社の財務基盤が一層強化される等、今後も多くの利点をお客さまに提供することが可能となります。

今後の数か月で、フォーチュン社は、受賞実績のある取引システム、狭いスプレッド、チャート、マーケット情報やオンラインでの入金・出金等のサービスを提供して行きます。

ゲインキャピタル・ジャパン株式会社
金融商品取引業者 関東財務局長(金商)第291号
E-mail:JPinfo@forex.com URL:www.forex.com/jp
TEL:03-5545-3655 FAX:03-5545-3654