国/通貨の特徴、情報の読み方

ファンダメンタル分析とは?

トレーディングをするにあたり、マーケットを分析する方法として大きくファンダメンタル分析とテクニカル分析があります。ここでは、ファンダメンタル分析とは何か?ということの基本を解説します。

原則的に、通貨、コモディティ、株式などの金融商品には需要と供給の両面があり、そのバランスなどによって価格が動くといわれています。そしてその需要や供給は、世界各国や各地域の情勢や経済状況などの様々な影響を受けます。
簡単に言うと、「世の中の動きを要因として値動きの傾向を読む」ということです。
ファンダメンタルとテクニカルのどちらの分析も有用で、両方を使いこなしていくのがFXトレーディングの醍醐味です。もちろん、興味や得意分野によって、偏りが出るのももちろんOK。
テクニカル分析を極めていく方も、まずはこれから述べるファンダメンタル分析の重要な要素をぜひ知っておいてください。ニュースの読み方が深まり、世界がぐっと近くなるはずです!


中央銀行
各国において、政府から(一応)独立して通貨価値の安定や金融政策のコントロールに責任を持つ中央銀行。
ファンダメンタル分析において、各国の中央銀行からの発表ほど、多彩な種類と効果を持つものも他にないかもしれません。政策金利の引き上げ・引き下げ(マイナス金利という領域まであります)・維持、またスタンスの変化の予告、従来にない金融政策の導入、介入措置、そしてなんと自国通貨の切り上げなどの価値の切替に至るまで、中央銀行が取り得る方策を挙げれば膨大な数にのぼります。分析のカギは、各国の中央銀行の要人の思考やねらいを読みながら、声明文やスピーチなどの発表内容を表現にいたるまで精査し、次の動向とマーケットへのインパクトを予測することです。

経済指標発表
各国の経済状況を表す様々な統計データ、経済指標。重要な指標ですが、経済指標発表だけに対して大きく勝負に出るのは、いわば見通しのない中での挑戦であり、堅実な戦略とはいえないかもしれません。世界中の投資銀行のプロたちでさえ、毎回最終的に発表される経済指標の正確な予測には苦労しています。そういったプロは様々な角度からの分析モデルを用いていますが、それでも信じがたいほど大きく予測を外すこともあるのです。
そしてまさにこのことが、重要指標の発表後に荒々しい値動きが生まれる原因でもあるのです。一般的に、実際の数値が事前の大方の予測から大きく外れた場合、それが予測よりも良かったか悪かったか、その方向にマーケットが動く傾向があります。つまり、事前予測よりも良かった場合は(一般的にその国の通貨などの)価格が上がり、逆に予測を超えて悪かった場合は下がるという傾向です(もちろん他の要因にも左右されます)。


さて、経済指標をもとに取引を行うにあたってのコツは、「いつ」取引するか、ということです。経済指標発表の前か後、どちらで取引を仕掛けるかを決めるのですが、これはどちらもメリットとデメリット両面を備えています。
もし発表より前であれば、事前予測というアドヴァンテージをもとに取引を仕掛けることが可能ですが、これは同時に世界各国からのファンダメンタル要因にも左右されていきます。この場合の取引は、事前の大方の予測に比べて実際の発表数値が良くなるか悪くなるかを予想して行うのですが、大きく外れることももちろんあり、コインの裏表のように大きな損失を出すリスクを抱えることになります。
発表直後の取引は、揺り戻しも含め大きい価格変動があり得るため、注意が必要です。すでに方向性が出て取引量も比較的落ち着いてから取引をする場合、狙える利益はその分限定的になるでしょう。

地政学的緊張
世界の中で、友好的でない国や地域同士というのはどうしてもあり、緊張や軋轢、対立、はては戦争の危険まで急に高まることもあります。このような緊張は、取引される商品の供給状況に多大な変化を及ぼし、さらには需要にまで影響を受ける商品もあります。たとえば一般的な話として、中東地域では、緊張状態が高まると、供給への懸念から原油の価格が上昇することが考えられ、逆に比較的安定した状態になると、原油価格は下がる傾向にあるといえるでしょう。こういった地域ごとの特徴や安定性の要素を把握し、どのようなイベントが発生しうるかを追うことで、マーケットの反応を先回りして値動きを読むこともできるでしょう。



気候的要因

気候や天候なども、価格変動を引き起こす原因となることがあります。たとえば簡単な例として、冬に非常に強い吹雪が発生すると、家庭暖房用の天然ガスのコストが上がります。他にも、ハリケーン、干ばつ、洪水、トルネードなど、様々な金融商品の取引に影響を与える天候・気候的イベントは様々にあります。こういったイベントの予測は一般的に難しいですが、農業の暦や天気予報などを注意深くチェックし、来るべき天候のパターンを予測して取引に活かすこともできるでしょう。

季節的要因

季節的要因は、上記の天然ガスの例のように気候的要因と関連するものもありますが、天候と直接関連しないものもあります。例えば株式では、年間を通じて価格の下がった金融商品を保有しているトレーダーが、12月末に手放し、税金対策のために損失をあえて確定させるという動きがあります。このような動きは価格を下げる効果が見込まれるため、この年末売りが始まる前にポジションを手仕舞うという戦略もあります。またその流れで、年が明けると多くの投資家が株式の買いを入れ直して来ます。そして毎月の月末は、複数の国で商品を提供する企業などが通貨ヘッジの調整のために取引を活発化させることがあります。


ファンダメンタル分析の要素は様々で、マーケットに及ぼす効果も長期的なものから短期的なものまであり、見極めも簡単にはいきませんが、忍耐強く情報収集と分析をする中でしっかりと取引に活かしていくことができます。上記で紹介した基礎的なもの以外にも多数の要素があり、またマーケットを動かす世界各国からのニュースは日々どんどん生まれています。常に新しいニュースや動向に目を光らせていきましょう。洞察力を磨くことで、マーケットの先を読んでいくことができるようになるでしょう。

本ページ内容の無断引用・転載・配布を禁じます。
本ページに記載されている情報や見解は、一般的な情報としての使用のみを目的としたものであり、通貨、CFD、その他あらゆる金融商品の、購入や売却に関する勧誘や依頼の意図は全くありません。本文書に盛り込まれている、いかなる見解や情報も、予告や通知なく変更することがあります。本文書は、特定の投資目的や、何らかの財務的背景、特定の受領者の意思などに沿って書かれ配布されたものではありません。本文書内で引用・言及されている、あらゆる過去の価格データ・価格推移データは、当社独自の調査や分析に基づいており、当社はそのデータの提供元やそのデータそのものの信頼性につき、いかなる保証もせず、また筆者や訳者、各国の支社・支店も、本文書の内容の正確性や完全性についても一切保証しません。本文書については英語版を原版とし、翻訳版と原版で相違がある場合には、原版の内容が優先するものとします。本文書の内容に基づく直接または間接の損失、そして本文書を信頼したことによる、いかなる人物や団体が結果的に引き起こした損失についても、当社は一切その責を負いません。
先物取引、先物オプション取引、外国為替証拠金取引(またはFX)、CFD、その他、入金額よりもレバレッジをかけて、より大きな金額で取引をする金融商品には、当初入金額を超える大きな損失を被るリスクがあり、すべての人に適するわけではありません。レバレッジを大きくして取引すると、その分リスクも高くなります。金スポットや銀の取引は、米国商品取引法(U.S. Commodity Exchange Act)の規制で保護されていません。また、差金決済取引(CFD)は米国在住者の取引は許可されていません。外国為替証拠金取引(FX)や商品先物取引を行う前には、投資目的、投資経験、リスク許容範囲等について十分検討する必要があります。本文書内にある、いかなる見解、ニュース、調査、分析、価格その他についても、「本文書を読むいかなる人物や団体も、FOREX.comが、投資、法的、税務に関して助言するものではないことを理解している」 ことを前提として、一般的な情報として提供されるものです。いかなる投資、法的、税務に関する事柄についても、適切な専門家や助言者に相談をしてください。FOREX.comは、米国の商品先物取引委員会(CFTC)、英国の金融行動監督機構(FCA)、オーストラリアのオーストラリア証 券投資委員会(ASIC)、日本の金融庁の規制を受けています。
次の記事