リスク管理

注文方法について

Download
マーケットの状況に合わせて注文方法を選ぶことができる、という注文の機能自体が、全てのトレーダーにとって重要なツールといえます。中でも、トレードストラテジーに反して執行せざるを得ない注文、というのは常に意識しておく必要があります。注文の機能を活用することで、ポジション保有という目的だけでなく、利益幅を減らさないための決済、損失幅を抑えるための決済、といった注文等が可能となります。

つまり、注文方法の違いをしっかり理解することで、自分のニーズに合った注文方法、トレードの目標実現に役立つ注文方法、といった活用が可能となるのです。

成行注文

成行注文(マーケット・オーダー)は最も基本的な注文方法です。注文が発注されたタイミングでのベストプライス(=注文が受け付けられた時に提供される最新レート)で約定する注文のタイプです。

Market Order Types

指値注文

指値注文(リミット・オーダー)は、「いくらで買いたい」「いくらで売りたい」とレートで指定する注文方法です。売りの場合は、指定したレートかそれより高いレートで約定します。買いの場合は、指定したレートかそれよりも安いレートで約定します。

Limit Order

指値注文を利用することで、ポジションの保有時や決済時のレートを正確に決めることができます。ただし、マーケットレートが指定したレートに達しなかった場合、注文は執行されませんので、ポジションの保有や決済は保証されません。

逆指値注文

逆指値注文(ストップ・オーダー)は、指定したレートに達した際に成行注文が発注される注文方法です。例えば、買いの逆指値注文の場合、マーケットレートの買値が指定したレートに達した際、買いの成行注文が発注されます。同様に、売りの逆指値注文の場合、マーケットレートの売値が指定したレートに達した際、売りの成行注文が発注されます。いずれの場合も、マーケットの流動性に基づくベストプライスにて約定することになります。逆指値注文は、主に損失を抑える目的で利用されるため、ストップロス注文とも呼ばれます。

Stop Order

逆指値注文は、ポジションを保有するにあたりマーケットの方向性を探る、という目的でも利用されます。繰り返しとなりますが、逆指値注文では、マーケットレートが指定したレートに達した後に成行注文が発注されるため、指値注文とは異なり、指定したレートではなく、その時点のベストプライスで約定することになります。

トレーリングストップオーダー

トレーリングストップオーダーとは、約定させたいレートではなく、マーケットレートからどの程度変動したら成行注文を発注するか、そのピップ数(pips)を指定する逆指値注文です。ただし、下図の通り、注文設定後にマーケットレートがポジションに対してプラスの方向に動いた場合は、最新のマーケットレート(=図のケースでは、最高値)と指定したピップ数が、逆指値注文の条件となります。

つまり、発注後の最高値(または最安値)から、設定したピップ数分だけ損失方向にマーケットレートが悪化した場合に成行注文が発注され、その時点の価格にて逆指値注文が約定することになります。

Trailing Stop Order

条件付き注文

条件付き注文は、異なるタイプの注文を組み合わせることができる注文です。例えば、メインシナリオとなるトレードストラテジーに相対した動きを想定した注文をあらかじめ設定することができます。なお、この注文方法では、1つ目の注文条件が満たされた場合に、2つ目の注文が発注されることになります。

イフダンオーダーとイフダンOCOオーダーという条件付き注文が最も利用されています。

イフダンオーダー

イフダンオーダーは、2つの注文を1セットとする注文方法です。1番目の注文(=イフ注文)が執行されると、2番目の注文が発注されます。なお、2番目の注文は、1番目の注文には関連付けられていない独立した注文として発注されます。関連付けられていない注文というのは、どのトレードにも帰属せず、どのポジションからも独立した注文、という意味です。イフ注文が執行されない限り、2番目の注文は発注されないため、マーケットレートが2番目の注文で指定したレートに達したとしても約定することはありません。なお、イフダンオーダーの場合、注文の一部をキャンセルすると、注文全てがキャンセルされることになります。

イフダンOCOオーダー

イフダンOCOオーダーでは、1番目の注文(イフ注文)が執行されると、2番目の注文が、1番目の注文には関連付けられていない独立したOCOオーダーとして発注されます。繰り返しとなりますが、関連付けられていない注文というのは、どのトレードにも帰属せず、どのポジションからも独立した注文、という意味です。通常のOCOオーダー同様、2番目のいずれかの注文(=OCOオーダー)が執行された場合、もう一方の注文は自動的にキャンセルされることになります。

注文の有効期限

成行注文は、ベストプライスでの発注のためその場限りの注文となります。しかし、その他の注文では、「EOD」または「GTC」にて有効期限を指定することになります。

  • EOD(当日有効) -指値を設定した日の取引終了時間まで有効。通常はニューヨーク時間で午後5時
  • GTC(取り消しするまで有効) - 約定するか注文を取り消しするまで有効。FOREX.comでは、発注日から90日以降の最初の土曜日を期限切れとして自動的にキャンセルされます。取引口座によって仕様が異なりますので、詳細はクライアントサービスにお問い合わせください。

注:利用可能な注文方法は、取引プラットフォームによって異なります。