テクニカル分析

ガートレー・売りパターン

ガートレー・売りパターンとは?

  • トレーダーであるH.M.Gartley氏が、1935年に出版した著書「Profits in the Stock Market」の中で紹介したチャートパターンです。
  • 最高値Xで始まり、その後ベアABCDパターンを形成します(下図を参照)。
  • Xから始まる4つの連続したスイングまたはトレンドにより、「W」のような幾何学的な形状となります。
  • 先行指標として、売りのエントリーまたはロングポジションの決済のタイミングを決定する判断材料となります。
Bearish Gartley Pattern

ガートレー・売りパターンは、なぜ重要なのか?

  • 市場(外国為替、証券、先物など)や取引手法(デイトレード、スイングトレード、中長期取引など)を問わず、売りのタイミングを決定する判断材料となります。
  • フィボナッチ・リトレースメント・レベルとエクステンション・レベルに基づいて、収束点Dを推定することができ、マーケットが反転する可能性の高いレジスタンス水準を把握することができます。
  • 下降XAが大きなトレンドの向きと一致している場合、上昇ADはあくまで短期的な調整と想定してトレードすることができます。
  • 一方で、上昇チャネルを形成している場合で、かつレジスタンスライン付近で現れた場合は、トレンドの反転を示すシグナルか、または強力な上値抵抗であるXからの一時的な反落、という2通りの捉え方ができます。
  • なお、大きなトレンドに乗ってトレードしているときは、損益比率を有利に設定することができます。

ガートレー・売りパターンの概要

下図の通り、各ターニングポイント(XABCD)は、その前後における最高値または最安値です。XA、AB、BC、CDの4つの連続したスイングまたはトレンドによって構成されます。なお、それぞれのスイングを脚と呼びます(例:脚XA)。

bearish gartley pattern

ガートレー・売りパターンの特性(Dで売り)


Bearish Gartley Pattern Rules
  1. 上昇ADが、下落XAの61.8%または78.6%の戻しとなること
    1. AからDにおける値動きは、ABCDパターンの条件を満たす必要あり
  2. 加えて、期間XAと期間ADの比率が適正であること
  3. 稀ではあるが値幅XAと値幅ADが等しくなりダブルトップとなるケース
    1. 特に、期間XAと期間ADが等しい場合は、信頼性の高いダブルトップといえる
  4. 典型的なパターンとはならず、Xの水準を上抜け、その後も上昇が継続するケース
    1. このケースでは、値幅XAに対し、値幅ADは少なくても127.2%または161.8%まで上昇する可能性が高い

15min USD/CAD


15min usd cad

Daily USD/CAD


Daily USD CAD

30min USD/JPY


30min USD JPY

30min GBP/USD


30min gbp usd