テクニカル分析

ガートレーの買いパターン・売りパターン

ガートレーは、トレーダーであるH.M.Gartley氏が、1935年に出版した著書「Profits in the Stock Market」の中で紹介したチャートパターンです。

ガートレーのチャートパターンはMまたはWのような形を形成し、Mの形の場合は反発、Wの形の場合は反落の可能性が高まるパターンです。反発・反落を狙ったトレードでは損切までの距離を短く設定することで、利益をしっかりと狙うことができます。

ガートレー・買いパターンとは?

最安値Xで始まり、その後ブルABCDパターンを形成します(下図を参照)。Xから始まる4つの連続したスイングまたはトレンドにより、「M」のような幾何学的な形状となります。

先行指標として、買いのエントリーまたは売りポジションの決済のタイミングを決定する判断材料となります。

ガートレー・売りパターンとは?

最高値Xで始まり、その後ベアABCDパターンを形成します(下図を参照)。Xから始まる4つの連続したスイングまたはトレンドにより、「W」のような幾何学的な形状となります。

先行指標として、売りのエントリーまたは買いポジションの決済のタイミングを決定する判断材料となります。

What is the Gartley Pattern

ガートレーパターンはなぜ重要なのか?

市場(外国為替、証券、先物など)や取引手法(デイトレード、スイングトレード、中長期取引など)を問わず、買いのタイミングを決定する判断材料となります。

また、フィボナッチ・リトレースメント・レベルとエクステンション・レベルに基づいて、収束点Dを推定することができ、マーケットが反転する可能性の高いサポート水準を把握することができます。なお、大きなトレンドに乗ってトレードしているときは、損益比率を有利に設定することができます。

ガートレーパターンの見つけ方

ガートレーを見つけるには、最初のトレンドがABCDパターンで後退していることを確認する必要があります。

  • 強気のガートレーでは、重要な動きは、XからAまでであり、ABで反転し、BCで再開し、CDで再び反転します。
  • 弱気のガートレーはその逆です。Xの下降からAへの重要な動きは、ABで反転し、BCで再開した後、CDで再び後退します。

ヒント - 弱気のガートレーはM、強気のガートレーはWのように見えます。

他のABCDパターンと同様、ガートレーの確認は、足がフィボナッチ比率に合致しているかどうかで判断することができます。

  • AからDへの移動は、XからAへの移動の61.8%または78.6%のリトレースメントでなければなりません。
  • BCは、ABの61.8%または78.6%のリトレースメントであるべきです。
  • CDは、ABの127.2%または161.8%です。

Finding Gartley Patterns

また、ガートレーパターンを確認する際には、対称性を確認する必要があります。XからAまでの時間と、AからDまでの時間が等しくなることが理想的です。

What is the Gartley Pattern

あるいは、ABCDパターンがカバーする期間は、XAのフィボナッチ比になる可能性もあります。ガートレーはスリードライブよりも発見しにくいかもしれませんが、それは一般的な見方とも言えます。

ガートレーパターンを使った取引の仕方

ガートレーは通常、XからAへの元のトレンドが再開されようとしていることを示すものです。このパターンが完了すると、Dで再び反転し、リトレースメントの終了を示します。

Trading the Gartley Pattern

弱気のガートレーの場合、Dで売りポジションを持つことでこの動きに対して取引することができ、パターンが強気の場合、買いポジションを持つこともできます。

ガートレーチャートを読み解くコツ

  • ガートレー・売りパターンに注目する際、下降XAが大きなトレンドの向きと一致している場合、上昇ADはあくまで短期的な調整と想定してトレードすることができます。
  • 売りパターンでは、上昇チャネルを形成している場合で、かつレジスタンスライン付近で現れた場合は、トレンドの反転を示すシグナルか、または強力な上値抵抗であるXからの一時的な反落、という2通りの捉え方ができます。
  • 買いパターンに注目する際、上昇XAが大きなトレンドの向きと一致している場合、下降ADはあくまで短期的な調整と想定してトレードすることができます。
  • 買いパターンでは、下降チャネルを形成している場合で、かつサポートライン付近で現れた場合は、トレンドの反転を示すシグナルか、または強力なサポートであるXからの一時的な反発、という2通りの捉え方ができます。