テクニカル分析

テクニカル分析とは?

テクニカル分析は、過去の価格変動の軌跡からパターンを読み解き、その後どのように動いていくかの可能性を探る手法です。この分析のため、様々な数値分析やその複合理論が開発され、テクニカルインディケーターや分析ツール・サービスとして利用できるようになっています。

テクニカル分析のポイントを凝縮すると、以下の2つのポイントになります。
1. トレンドの把握
2. ある期間のチャートを通じたサポート/レジスタンスの把握


マーケットの動きは大きく分けて3つだけ。「上がる」、「下がる」、「横ばい」のいずれかです。
価格変動は一般的にジグザグの動きをしながらこの3つの方向性を見せていきます。
・レンジ(ボックス)相場: ある一定の高さを保ちながらジグザグを繰り返して水平方向へ進む。
・アップトレンド(上昇相場・ブル相場とも): ジグザグを繰り返しながらだんだんと上昇していく。
・ダウントレンド(下降相場・ベア相場とも): ジグザグを繰り返しながらだんだんと下降していく。



テクニカル分析を活かすポイントは「出口」に!?
テクニカル分析は、「いつ」「どこで」という取引のタイミングをはかるのに用いられます。もちろん仕掛ける(エントリーする=ポジションを建てる)ポイントを決めるのにも有効ですが、よりはるかに重要なのは、「いつ」「どこで」手仕舞うべきかを読むのに活用することです。

テクニカル分析とトレーディング戦略
テクニカル分析は、「マーケットは基本的に無秩序な動きをするカオスである(誰も次の動きを正確に予測することはできない)が、かといって完全にランダムな動きというわけでもない(一定の理由がある)」という理論を前提としています。つまり、まさに数学的カオス理論にある「カオス」の定義どおり、繰り返し現れるパターンを見つけ出すことが可能というわけです。

このようなカオス的な事象は主に自然界に見られ、天気予報はその好例といえるでしょう。天気予報と同じように、ほとんどのトレーダーは、価格の動きを予測するにあたり、寸分違わぬ正確性、また確実性というのはないということを認めざるを得ないのではないでしょうか。
つまり、トレーディングの成功のカギは、「正しいか間違っているか」ではなく、値動きの「見込み」を選んで予測を定め、可能性が好ましい時に(またリスクが許容できる範囲にある時に)その度合いに応じて取引を行っていくということにあるのです。「見込み」を選び予測を定めるにあたっては、マーケットの動く方向、「いつ」「どこで」注文を入れるべきかといったことを読む必要がありますが、同時にリスクとリターンの割合を測ることが重要です。

常に心に留めておかねばならないのは、どこかにどんなマーケットも読める秘密のストラテジーやインディケーターというのがあるわけではないということです。
トレーディングの成功の秘密とは、一貫した十分なリスクマネージメント、決めたルールの着実な実行、そして感情をコントロールできる能力なのです。
もし、時々予測を的中させて利益を出せたとしても、リスクマネージメントをしていないのであれば、結局のところ長期的に利益を保つことはまず無理でしょう。

リスクマネージメントや、より詳しいテクニカル分析の手法などについては、FOREXラボの他の記事をご参照ください。


本ページ内容の無断引用・転載・配布を禁じます。
本ページに記載されている情報や見解は、一般的な情報としての使用のみを目的としたものであり、通貨、CFD、その他あらゆる金融商品の、購入や売却に関する勧誘や依頼の意図は全くありません。本文書に盛り込まれている、いかなる見解や情報も、予告や通知なく変更することがあります。本文書は、特定の投資目的や、何らかの財務的背景、特定の受領者の意思などに沿って書かれ配布されたものではありません。本文書内で引用・言及されている、あらゆる過去の価格データ・価格推移データは、当社独自の調査や分析に基づいており、当社はそのデータの提供元やそのデータそのものの信頼性につき、いかなる保証もせず、また筆者や訳者、各国の支社・支店も、本文書の内容の正確性や完全性についても一切保証しません。本文書については英語版を原版とし、翻訳版と原版で相違がある場合には、原版の内容が優先するものとします。本文書の内容に基づく直接または間接の損失、そして本文書を信頼したことによる、いかなる人物や団体が結果的に引き起こした損失についても、当社は一切その責を負いません。
先物取引、先物オプション取引、外国為替証拠金取引(またはFX)、CFD、その他、入金額よりもレバレッジをかけて、より大きな金額で取引をする金融商品には、当初入金額を超える大きな損失を被るリスクがあり、すべての人に適するわけではありません。レバレッジを大きくして取引すると、その分リスクも高くなります。金スポットや銀の取引は、米国商品取引法(U.S. Commodity Exchange Act)の規制で保護されていません。また、差金決済取引(CFD)は米国在住者の取引は許可されていません。外国為替証拠金取引(FX)や商品先物取引を行う前には、投資目的、投資経験、リスク許容範囲等について十分検討する必要があります。本文書内にある、いかなる見解、ニュース、調査、分析、価格その他についても、「本文書を読むいかなる人物や団体も、FOREX.comが、投資、法的、税務に関して助言するものではないことを理解している」 ことを前提として、一般的な情報として提供されるものです。いかなる投資、法的、税務に関する事柄についても、適切な専門家や助言者に相談をしてください。FOREX.comは、米国の商品先物取引委員会(CFTC)、英国の金融行動監督機構(FCA)、オーストラリアのオーストラリア証 券投資委員会(ASIC)、日本の金融庁の規制を受けています。
次の記事