テクニカル分析

ワイド・レンジング・バー

ワイド・レンジング・バーとは

  • 通常のローソク足に比べ2,3倍長いローソク足が、チャート上に1本(または複数本)現れた場合に、そのローソク足を指す用語(またはチャートパターン)です。
    ※単に、ローソク足1本を指す場合は、大陽線や大陰線と呼ぶのが一般的です。
  • 例えば、影響力のあるニュースの発表によって、レートが急変動した際に現れます。

ワイド・レンジング・バーは、なぜ重要なのか

  • ローソク足(1本または複数本)が伸びる方向にマーケットの勢いが強いことを示すシグナルとなります。
  • ローソク足(1本または複数本)が下に延びている場合は、売り優勢を示すシグナル、逆に、上に伸びている場合は、買い優勢のシグナルとなります。
  • このような場合、サポートラインやレジスタンスラインが機能しない可能性が高くなります。

どのように活用すると良いか

ワイド・レンジング・バーが現れた場合は、一旦トレードは様子見とし、テクニカル分析を用いて短期的な反転水準を予測しましょう。もし、エントリー水準まで伸びるようなら、取引の前提としたストラテジー自体を見直す必要があります。もちろん、ポジションがアゲインストになるようなら、すぐに決済する方が賢明です。

Wide ranging bar

USD/CHF(30分足) : ワイド・レンジング・バー(大陰線)

Wide Ranging Bars Chart 1

USD/CHF(30分足) : ワイド・レンジング・バー(大陰線)

Wide Ranging Bars Chart 2