トレーディング戦略

毛抜き天井/毛抜き底 パターン

毛抜きとは

  • 新高値または新安値が2本連続するローソク足パターンを、毛抜き(毛抜き天井/毛抜き底)といいます。※下図のように、2本が全く同じ水準である必要はありません。
  • 連続する2本のローソク足の新高値/新安値は、どちらとも始値または終値でできる場合や、双方の組み合わせによってできる場合などがあります。
  • ローソク足の色はさほど気にする必要はありません。なお、タイムフレームが短いほど出現頻度は高まります。

Tweezer Candlestick Formation

毛抜きはなぜ重要なのか

  • 短期的な値動きやトレンドの転換点をタイムリーに示す先行指標です。チャートの天井または底に、2本の毛抜きのような形で表れます。
  • 毛抜き天井/毛抜き底の出現は、最高値/最安値となる可能性を示唆します。
  • 毛抜きは、その他の反転指標の裏付けや判断材料となります。
  • 毛抜きが機能しなかった場合、トレンドの継続を示します。その場合、以降のストップロス水準として意識することになります。
  • 毛抜き天井の次のローソク足ですぐに新高値を更新した場合、反転しない可能性が高いことを示します。毛抜き底の次のローソク足で新安値を更新した場合も同様です。

Tweezer Candlestick Formation Chart 1

毛抜きをトレードに活用する方法

その他のローソク足パターン同様、既に形成しているサポートレベルまたはレジスタンスレベルで毛抜きが現れた場合、信頼性が高いシグナルとなります。例えば、トレンドライン付近、フィボナッチのサポートラインやレジスタンスライン、直近の最高値や最安値、ハーモニックパターンの完成時などに現れた場合、トレンド転換の裏付けとなります。

毛抜きは、エントリーのタイミングを計るシグナルとしても役立ちます。長期的なトレンドラインの水準と一致するときは、特に信頼性が高いといえます。そのため、調整としての短期トレンドが長期トレンドにぶつかった際に現れる毛抜きは、反転の可能性を裏付ける理想的なエントリーシグナルとなります。なぜなら、長期トレンドに基づくトレードでは、期待できる利益幅が大きくなり、損益比率を有利に設定することができるためです。なお、毛抜きは、反転後の動きがどの程度継続するか、という尺度にはならないため、あらかじめサポートレベルとレジスタンスレベルを確認し、リスクリワードレシオを決定するようにしましょう。

上昇反転の可能性が高い毛抜き底とは…

Tweezer Bottom Example

下図のようにズームアウトしてみると、上昇トレンドラインのサポートを受け、毛抜き底が現れたことがわかります。これにより、予想通りの上昇反転になることを確信。

Bulliish Trendline

毛抜き底が完成し、次のローソク足が現れた段階で、買いポジションのエントリーを決断。そして、ストップロスを毛抜き底のすぐ下に設定。
※この事例では、毛抜き底の完成と直後のローソク足に上昇ギャップができていますが、このギャップは上昇転換の信頼性を高める材料となります。

Bulliish Trendline

Bulliish Trendline