By Ben Lobel | FOREX.com Financial Writer | 2022 年 2 月

S&P500は、米国の株式市場の動向を示す指標ですが、その重要性は世界的なものです。S&P500の価格を動かす要因や構成銘柄の性質、取引方法などをご紹介します。

S&P 500とは?

S&P 500は、米国の主要500社を対象とした時価総額ランキングの指標となる株価指数です。米国のトップ企業と経済全般との密接な関係から、国内だけでなく世界の金融市場の実力を測る重要な指標とされています。

1957年に386.36で誕生したS&P500は、もともとニューヨーク証券取引所に上場している大企業500社を対象にしていました。S&P500のランキングは、1株あたりの価格で企業を評価するダウ・ジョーンズとは異なる方法で算出されています。S&P500のランキングは、1株あたりの価格で評価するダウ・ジョーンズとは異なり、時価総額で評価するため、英国のFTSE100やドイツのDAXに似たランキングとなっています。

S&P 500構成銘柄について

この指数の最大の構成銘柄は、テクノロジー企業のApple、Alphabet、Microsoft、Facebook、オンライン小売業のAmazon、ウォーレン・バフェット氏の投資会社バークシャー・ハサウェなどです。

また、製薬会社のジョンソン・エンド・ジョンソンや投資銀行のJPモルガン・チェース・アンド・カンパニーなど、注目度の高い企業がこの指数に採用されています。さらに最近では、2020年12月に上場した電気自動車メーカーのTeslaが挙げられます。

口座開設はこちら

2021年5月14日時点でのS&Pのセクター構成(出典:S&P)

S&P 500の上場基準は何ですか?

S&P 500への上場は、いくつかの厳格な基準に基づいて行われるため、時価総額による適格性があっても、必ずしも自動的に指数に加わるわけではありません。上場基準では、時価総額だけでなく、組織構造、株式の種類や流動性、公開されている株式の割合などの要素も考慮されています。 

また、特定の企業を採用するかどうかは、裁量の要素もあります。例えば、Teslaは当初、S&P 500の指数委員会によって採用が見送られましたが、その理由として、Teslaの極端なボラティリティーが指数の評判を落とす可能性があると指摘されていました。

S&P 500の算出方法は?

S&P 500は、フリーフロート方式を採用し、各構成銘柄の株価に発行済み株式数を乗じた時価総額を考慮して算出されます。この計算では、政府所有の株式など、取引ができない株式は無視されます。

次に、各企業の時価総額を指数の総時価総額で割って、ウエイトを算出します。例えば、Appleの時価総額が2兆ドルで、S&P500の時価総額が30兆ドルの場合、構成企業の加重は約6.6%に相当します。

S&P 500の企業はどのくらいの頻度で変わるのでしょうか?

S&P 500企業の適格性は、指数委員会によって定期的に見直され、必要に応じて、通常は数日以内に更新されます。重み付けの割合は当然ながらすべての企業で変更されることが予想されるため、年に4回リバランスが行われます。

S&P 500の価格は何を意味するのか?

S&P 500の価格は、指数に参加している企業の株価が上昇しているか下降しているかを示しています。S&P 500の価格が上昇している場合、特定の企業や企業グループが利益を得て、それが指数全体の価格に反映されていることを意味します。逆に、S&P 500の価格が下落している場合は、指数に参加している企業の価格が下落していることを意味します。

S&P 500のランキングは、時価総額に基づいて加重計算されているため、ウエイトの大きい企業は、株価の変動が指数に与える影響も大きくなります。

S&P 500の価格に影響を与えるものは?

S&P 500の価格は、米国経済のパフォーマンスに関連する様々なファンダメンタルおよびテクニカル要因に加えて、国際的な影響を受けます。米連邦準備制度理事会(FRB)の金融政策はしばしば顕著な影響を与え、外国為替レート、経済データの発表、さらには商品価格にも影響を与えます。

このような要因が指数を一定の方向に動かすことは予想されますが、その動きが実現するという保証はありませんので、トレーダーは決定要因を単純に1つに絞るのではなく、どのように組み合わされるかを考慮する必要があります。とはいえ、S&P 500を取引する際に考慮すべき重要なポイントをいくつか挙げてみましょう。

口座開設はこちら

金融政策と経済指標の発表

米連邦準備制度理事会(FRB)の金融政策が緩和的であれば、金利は低下し、一般的なマネーサプライと信用機会が増加する傾向にあります。これは、企業の負債がより魅力的なものとなり、また負債を処理するコストも低くなることを意味し、企業の成長の可能性をもたらし、それによって株価も上昇することが多い。

また、経済指標の発表が売買の判断に大きな影響を与えることもあります。インフレは、業種を問わず利益率を低下させる可能性があり、また、長期的な金利上昇の前兆とも考えられているため、株価に影響を与える指標の一つです。例えば、2021年5月には、インフレ懸念からAppleの株価が1日で約2.4%下落しました。

個別企業の業績

前述したように、指数の中で最も高いウェイトを占める企業は、小さな構成銘柄よりも指数を動かす力が強い。例えば、AppleはインテルよりもS&P 500の価格を変動させる能力がかなり高いと言えます。

社会的・政治的イベント

大不況やコロナウィルスのパンデミックなどのイベントは、いずれも何らかの形で市場の需要に打撃を与える可能性があります。例えば、2020年のパンデミックでは、製造業の活動や市場の需要が急激に悪化し、2020年3月にはS&P 500が同年2月の過去最高値から34%も急落しました。

S&P 500:平均年間リターン

過去10年間のS&P 500の平均年間リターンは12.1%でした。S&Pの平均リターンは、基本的に、運用されているファンドが1年間で投資家に利益をもたらしたことになります。

以下に2021年から2020年までの年間のリターンをご覧いただけます。※過去のリターンは将来のパフォーマンスを保証するものではございませんので、ご注意ください。(出典:Macrotrends)

S&P 500:取引時間

S&P500の取引時間は、米国東部時間の平日午前9時30分から午後4時までです。ただし、プレマーケット取引は早朝4時から始まり、午前9時30分に市場がオープンするまで行われます。また、時間外取引は午後4時から8時まで行われます。

S&P500:取引方法について

S&P 500を取引する方法はいくつかありますが、最も一般的なのはCFD、先物、オプションなどのデリバティブとETFです。これらの商品はすべて、1つのポジションで多くのエクスポージャーを得ることができます。

S&P 500 CFD

差金決済取引(CFD)は、原市場(ここではS&P 500)から価格を取得するデリバティブです。資産の所有権を得ることはないので、指数の価値が上がるか下がるかを推測することができます。

株価指数CFDについて詳しくはこちら

口座開設はこちら

S&P 500先物

先物契約は、設定された有効期限に設定された価格で資産を交換する契約です。一般的な先物とは異なり、S&P 500の契約には、交換の対象となる現物資産がありません。これは、指数が株式のグループを表す数字に過ぎないからです。

S&P 500 オプション

S&P 500オプションは、設定された日に設定された価格でS&P500を購入または売却する権利を与える契約です。

S&P 500 ETF

S&P 500を取引するには、ETFと呼ばれる株式群(この場合は指数の構成銘柄の株式)を保有する投資商品を利用することもできます。

S&P 500の「売り」の取引

S&P 500の空売りとは、S&P 500が下落するというポジションを取ることです。これには、S&P CFDなどを空売りするか、構成銘柄を空売りする方法があります。また、S&P 500のETFを空売りする方法もあります。オプションでは、S&P 500銘柄が過大評価されていると判断した場合にプット・オプションを購入したり、S&P 500 ETFのプット・オプションを購入したりすることができます。

FOREX.comの株価指数口座では何が取引できますか?

株価指数CFDノックアウトオプションで日経平均に投資することが可能です。ノックアウトオプションでは、リスクをコントロールしながら、資金効率も生かせますので、小額から取引を開始することができます。それぞれ、特徴がありますので、取引スタイルに合った取引をご選択ください。

S&P 500社の時価総額ランキング

下のグラフは、2021年12月時点でのS&P 500の上位10社を示したものです。この時点では、上位10社だけで指数全体のウエイトの27.2%を占めており、これらの企業がベンチマーク全体に与える影響力の大きさを示しています。


 ランク  相場表示  会社名  ウェイトリング
 1  AAPL  Apple  6.6%
 2  MSFT  Microsoft  6.3%
 3  AMZN  Amazon  3.8%
 4  GOOGL  Alphabet (Class A shares)  2.2%
 5  TSLA  Tesla  2.1%
 6  GOOG  Alphabet (Class C shares)  2.1%
 7  NVDA  Nvidia  2%
 8  FB  Meta Platforms (previously Facebook)  1.9%
 9  BRK.B  Berkshire Hathaway  1.2%
 10  JPM  JP Morgan Chase & Co  1.2%