ウォーレン・バフェット氏が
株価指数取引を勧める理由とは?


ウォーレン・バフェット氏が
株価指数取引を勧める理由とは?




By Ben Lobel | FOREX.com Financial Writer | 2021 年 12 月

おそらく史上最高の投資家であるウォーレン・バフェット氏は、アドバイスを求められたときには、株価指数への投資-を勧めています。バフェット氏がお勧めするその理由を探るために、株価指数投資の利点をいくつか検証してみました。

バークシャー・ハサウェイ(ウォーレン・バフェット氏が経営する多国籍投資会社で、世界で最も価値のある株式の一つ)の年次株主総会は、一般の投資家がバフェット氏に様々なテーマについて意見を求める機会としてよく知られています。その中でも最近よく話題に上がるのが「多くのトレーダーや投資家にとって株式よりも株価指数の方が優れた選択肢である」というテーマです。

2016年、バフェット氏は「低コストのS&P500株価指数ファンドを勧める」と述べました。そして2021年には再び、自身の死後は妻が株価指数ファンドに投資することを明らかにし、株式よりも株価指数の方が多くの人にとって優れた選択肢であることを示すエビデンスを投稿しています。

バフェット氏のこの意見は正しいのでしょうか?ここで株価指数が持つ最大のメリットを見てみましょう。

株価指数投資の利点とは?

1. 一度に100社のポジションを取る

株価指数の最も明確なメリットは、1つのポジションで幅広い企業のポジションを取ることができることです。例えば、S&P500は米国の大企業500社で構成されており、その一方、日経平均株価は日本の主要な225銘柄の価格を追跡します。

個別株式で同様のエクスポージャーを得ようとすると法外なコストがかかり、扱いづらく、時間もかかります。多くの投資家は、経済全体の方向性を把握するために株価指数を利用します。株式が全体的に成長すると考える場合は、株価指数を利用することで細部にこだわらずにマクロ的な視点を持つことができます。

2. 最大プレーヤーに焦点を当てる

株価指数は、投資家が株式市場の状況を素早く把握するために作成されました。株価指数は主要な株式のパフォーマンスを追跡しますが、どの企業が株価指数に含まれるか、またその企業の株価が株価指数全体の価格にどの程度影響を与えるかについては、厳しいルールが設けられています。

S&P500、日経平均、DAXをはじめとする株価指数のほとんどは自社の時価総額に基づいて銘柄を審査するため、大企業や人気のある企業だけが対象となります。さらに、価値の高い銘柄ほど株価指数の価格を押し上げることになり、アップルなどはS&Pの中で6.6%のウェイトを占めています。

3. ボラティリティーを利用する

株価指数は一度に多くの銘柄の価格を追跡するため、価格が固定されることはほとんどありません。どのような取引スタイルであっても、常に動きのある市場なので必ずチャンスがあります。 

流動性がありボラティリティの高い市場にアクセスできるため、株価指数は外国為替取引と同じく人気があります。しかしボラティリティは、チャンスが増える一方で、リスクも高まるという背中合わせの状況にあることを常に念頭に置いておく必要があります。

FOREX.comをはじめとする複数のプロバイダーは24時間体制で株価指数市場を提供しており、FXと同様にスケジュールに合わせて戦略を立てることができます。

株価指数取引の始め方

株価指数とは銘柄群のパフォーマンスを計算したものであると説明しました。伝統的な取引を行う基盤となる市場は存在しません。株価指数とは単なる数字なのです。

ウォーレン・バフェット氏が株価指数の利点を語る時は通常、株価指数ファンドを意味します。株価指数ファンドは株価指数の価格に連動する投資手段であり、価格をパッシブに長期的に見るために使用します。 

FOREX.comではその代わりにCFDとして株価指数を取引できます。株価指数ファンドと同様にCFDは株価指数の価格を追跡しますが、CFDには株価指数の短期的な取引に役立つ、以下のようなユニークなツールがあります。

  • FXでの取引と同様に、レバレッジを使って資金を増やすことができる(ただしレバレッジはリスクを高める)
  • 株価指数が弱くなっていると思った場合、ショートポジションを取ることで取引の機会を倍増できる
  • 複数のログインは必要なく、単一プラットフォームで株価指数と為替の取引ができる

また、FOREX.comでは、株価指数を原資産とするノックアウトオプションも取引できます。ノックアウトオプションとは、取引数量とノックアウトレベル(損失確定レベル)を調整することにより、オプション料をコントロールすることができるため、少ない資金からもスタートが可能です。週明けの窓やマーケットの乱高下でもノックアウトレベルでの決済が保証されているので、リスクを限定しながら、利益を追求することができます。

  • 取引数量とノックアウトレベルを調整して、最大損失額(オプション料)を決定できる
  • お客様の取引はノックアウトレベルに到達すると自動的に決済され、スリッページはない
  • 最大損失は固定となりますので、リスクを限定しながら、利益獲得が狙える(※)

(※)円クロス以外のノックアウトオプションを取引した場合、円ベースでの最大損失額は円転レートの変動により固定されません。

FOREX.comのアカウントにログインして、早速取引を始めましょう。

アカウントをお持ちでない場合はアカウントを開設しましょう。eKYCを利用すれば、全てオンラインで完結するので最短5分で取引が開始できます。当社の無料デモからお試しいただくことも可能です。