注目記事

ボラティリティの高いFXセッションは平穏に終わる

米ドルは、日本円を例外として木曜日にほとんどの主要通貨に対して安くなった。米国の経済最新データについては、米国のGDPは第2四半期の速報値の -32.9%から第2四半期の第2改定値の-31.7%(予想値-32.5%)に上昇した。8月22日で終わる週の新規失業保険申請件数は、その前の週の改定値110.4万件から100.6万件(予想値100.0万件)に減少した。8月15日で終わる週の継続失業保険申請件数は、その前の週の改定値1,475.8万件から1,453.5万件(予想値1,440.0件)に減少した。仮契約住宅販売指数は、6月の改定値+15.8%に比較し、7月の月間で5.9%(予想値は+2.0%)高まった。

米連邦準備制度理事会(FRB)のパウエル議長は、ジャクソンホールの経済政策シンポジウムでFedの新たに改訂したコンセンサスステートメントの概要を説明した。最初に、Fedは最大雇用のターゲットを取りやめ、その代わりに、広範囲にわたる目標として最大限の雇用を目指している。第2に、Fedは2%のターゲットというよりは平均2%のインフレを達成することを目指している。変更はわずかではあるが、すでにパンデミック前に減速していた米国経済に対するコロナウィルスの厳しい影響を示している。      

金曜日は、7月の個人所得が6月の-1.1%に比較し、月間で0.4%落ち込むことが予想されている。7月の卸売最古の速報値は、6月の確定値-1.4%に比較し、月間で0.9%に下げることが予想されている。7月の個人支出は、6月の+5.6%に比較し、月間で1.5%上昇することが予想されている。8月のマーケットニュース インターナショナル社のシカゴ購買担当者指数は、7月の51.9から月間で52.6に前進すると予想されている。最後に、ミシガン大学消費者信頼感指数の8月の確定値は、8月の速報値に沿って月間で72.8%に留まることが予想されている。              

ユーロは、 JPYを例外として、その主要ペアのほとんどに対して弱含んだ。ヨーロッパでは、欧州中央銀行がM3マネーサプライの増加は+10.2%(vs. 年間予想値+9.2%)と報告した。フランスのINSEEは、ビジネス信頼感指数の8月のインジケーターを91(vs. 予想値88)および製造業信頼感指数を93(vs. 予想値86)であると公表した。

豪ドルは、全ての主要通貨に対して強含んだ。

米国10年債のイールドは5.4ベーシスポイント急増し、0.742%となった。

金は25.83ドル(-1.32%)下落し、$1928.63ドルとなった。

WTI原油は0.40ドル(-0.92%)下落し、$42.99ドルとなった。

米連邦準備制度理事会(FRB)のパウエル議長の経済政策シンポジウムでのスピーチの前の米国の外国為替トレーディングセッションのボラティリティの高いスタートは、クロージングベルが鳴った時に比較的な平穏なセッションで終了した。最も動いた通貨ペアはUSD/JPYであり、106.57まで58ピップス上昇した。同通貨ペアは、弱気のトレンドチャンネルの中の短期もみあいから離れたと見ることはできない。107.15の上にブレイクすれば、チャンネル抵抗線をテストすることになるが、105.1の支持線以下にブレイクすれば、8月の安値の104.20のテストを行うことになるだろう。



出典:GAIN Capital, TradingView(トレーディングビュー)

トレーディングをお楽しみください。