注目記事

EURUSDを注視する

米ドルは、カナダドルを例外として金曜日にほとんどの主要通貨に対して弱含んだ。  
経済データの最新情報については、5月の住宅着工件数は5月の改定値101.1万件から6月の月間で118.6万件(予想値119万件)に増加した。ミシガン大学消費者信頼感指数指数は6月の確定値78.1から7月の速報値は月間で73.2(予想値79.0)に下げた。    
ユーロはCHFを例外として、ほとんどの主要通貨に対して強かった。ヨーロッパでは、欧州委員会が、6月の消費者物価指数の確定値が予想通り、+0.3%であったと発表した。 
豪ドルはCHFを例外として、ほとんどの主要通貨に対して強かった。 
活発な通貨ペアを見ると、EUR/USDは、金曜日のニューヨークセッションで最大の動きとなり51ピップス急騰し、1.1435になった。日足のEUR/USDは活発に動いている。トレーダーは、2019年1月にできた1.157の抵抗線のブレイクアウトの可能性に向け、1.1495周辺の3月の高値のテストを期待したい。  





出典:GAIN Capital, TradingView(トレーディングビュー)

良い週末をお過ごしください。