注目記事

AUDUSDはトレンドをブレイク

米ドルは水曜日に、全ての主要通貨ペアに対して強気となった。米国の経済データの最新情報については、米抵当銀行協会住宅ローン申請が9月18日に終わる週について、その前の週の-2.5%に比較し、6.8%増加した。Markitの米国製造業購買担当者景気指数の9月の速報値(50.0が予想)は、8月の確定値53.1から月間で53.5に増加した。 

木曜日は、9月19日で終わる週の新規雇用保険申請件数は、その前の週の860万人から840万人に減少することが予想されている。9月12日で終わる週の継続失業保険申請件数は、その前の週の1,262.8万人から1,230.0万人に減少することが予想されている。最後に、8月の新築住宅販売件数は、9月の90.1万人から月間で89.0万人に下がることが予想されている。             

ユーロは、 GBPおよびUSDを例外として、その主要ペアのほとんどに対して強かった。ヨーロッパでの最新統計情報では、ユーロ圏の製造業PMI指数は、8月の51.7、予想51.9に対して最初の予想通り、9月に53.7に高まった。しかし、PMIサービス業指数は予想外に、前の月の50.5、そして予想値50.6に比較し、9月の当初の予想値は47.6に下がった。これは、この指数が50の主要閾値の下に下げて以来初めてとなり、このセクターの縮小を際立たせている。統合PMI指数は、8月の51.9に比較し、最初の数値ア50.1であった。エコノミストは安定性を予測している。英国では、全てのPMIが下がった。製造業PMI指数は、8月の55.2と予想値54.0に比較し、54.3が発表され、サービス業については58.8と予想値55.9から55.1に下がった。統合PMI指数は、59.1から55.7に下がり、エコノミストの予想は56.1であった。

豪ドルはNZD.を例外として、ほとんどの主要通貨に対して弱気となった。同通貨ペアは水曜日の遅い日のトレーディングで87ピップス下がり、0.7084となり、その日の最悪のパフォーマンスの通貨ペアとなった。

5日移動平均線は、20日と50日移動平均線以下にクロスした。AUDUSDが4月以来、50日移動平均線以下にあったことはない。移動平均のクロスオーバーは一般的に、トレンドフォロワーに使われている。4月以来の津沖のトレンドは今、下方向にブレイクしている。0.7415の抵抗線が破られないままである限り、0.7025と0.6775の次の主要サポートエリアに向かう下方向のプレッシャーを期待したい。




出典:GAIN Capital, TradingView(トレーディングビュー)

トレーディングをお楽しみください。