注目記事

AUDUSDはCCIで強気のテクニカルイベント

米ドルは水曜日に、 NZD、GBPおよびJPYを例外として、その主要ペアのほとんどに対して弱気だった。米国の経済データの最新情報については、米抵当銀行協会住宅ローン申請が11月27日に終わる週について、その前の週の+3.9%から0.6%落ち込んだ。ADPADP民間部門雇用者数では、10月の改定値が追加された40.4万人に比較し、11月の月間で30.7万人(44.0万人予想)の増加となったことが示された。最後に、地区連銀経済報告(ベージュブック)では、ほとんどの地区では前回の報告期間以来、経済の拡大が穏やかであると記している。ほぼ全ての地区では、雇用が増えたが、ほとんどがスローペースであり、完全な回復は未だに不完全であると報告している。ほとんどの地区では、企業が最終商品の販売価格に沿って、投入物価は穏やかに上昇したと開示している。しかしながら、Covid-19の感染数の増加は、感染の恐れが再確認されるとともに多くの学校や工場の閉鎖を引き起こした。               

木曜日は、11月28日で終わる週の新規雇用保険申請件数は、その前の週の77.8万人から77.5万人に下がることが予想されている。最後に、11月21日で終わる週の継続雇用保険申請件数は、その前の週の607.1万人から580.0万人に減少することが予想されている。    

ユーロは、 AUDおよびCHFを例外として、その主要ペアのほとんどに対して強かった。ヨーロッパでは、ドイツ連邦統計局が10月の小売売上Iを+2.6%(vs. 月間予想値+1.2%)とリリースした。また、欧州委員会は、10月のPPIを+0.4%(vs. 月間予想値+0.2%)、そして失業率を予想通り、8.4%と公表した。

豪ドルは主要通貨ペア全てに対して強気だった。AUD/USDは、0.742の主要抵抗線に向けた上昇トレンドを伸ばし、水曜日に39ピップス上昇した。0.742の上へのブレイクは強力な強気のシグナルになるだろう。マーケットアナリシスタブ内の「テクニカルインサイト」のリサーチツールを使うと、同通貨ペア20日平均価格から比較的大きな偏差を示すコモディティー・チャンネル・インデックス(CCI)で短期的な強気シグナルが特定された。





出典:GAIN Capital, Technical Insight(テクニカルインサイト)

コモディティー・チャンネル・インデックス(CCI)は、(選択した移動平均線、一般的には20本ローソク足に比較し)その平均値からの価格の偏差を測定する。このオシレーターは、一般的な偏差によって割ることにより、正規化されているため、ほぼ+100と-100の間で変動するオシレーターを得るものです。多くのトレーダーは、これを買われ過ぎ(+100)、あるいは売られ過ぎ(-100)の マーカーとして使い、反転の兆候を注視しますが、元々の利用は、CCIが+100(強気のイベント)の上にある時にロングポジションを検討し、-100(弱気のイベント)の下の時にショートを検討します。価格が、 +100と-100間で戻ってクロスすると、前の強気、または弱気の状況が終わりを告げる別のイベントのトリガーとなり、そうしたポジションを閉じる機会となる可能性を示します。