注目記事

AUDUSDの下げトレンドが継続

米ドルは月曜日に、 NZD、AUDおよびCADを例外として、その主要ペアのほとんどに対して強気だった。米国の経済データの最新情報では、Markitの米国製造業購買担当者景気指数10月の速報値53.3から、月間で53.4(予想値53.3)に若干に上昇した。最後に、建設支出は8月の+1.4%に比較し、9月の月間で0.3%(予想値は+1.0%)増加した。 

火曜日に、9月の製造業受注は、8月の+0.7%に比較し、月間で1.0%増加することが予想されている。最後に、9月の耐久財受注の確定値は、9月の速報値に沿って月間で1.9%増加することが予想されている。         

ユーロは、 CHFおよびGBPを例外として、その主要ペアのほとんどに対して強気であった。ヨーロッパでは、調査会社のMarkitは、ユーロ圏の10月製造業PMIの確定値を54.8(vs 予想値54.4)、ドイツについては58.2(vs. 予想値58.0)、フランスについては51.3(vs. 予想値51.0)、そして英国については53.7(vs. 予想値53.3)と公表した。

豪ドルはCADを例外として、ほとんどの主要通貨に対して強かった。AUD/USDの日足チャートを見ると、この通貨ペアは弱気のトレンドチャンネル内でのトレードが継続している。20日移動平均線は、50日移動平均線の下に留まっている、それは弱気のシグナルである。我々は、0.692サポートと0.676のエクステンションの可能性のテストを行うべく、さらに下がることを予想している。0.7155の上にブレイクすると、強い強気のシグナルとなり、上向きの反転トレンドのサインとなる可能性がある。 



出典:GAIN Capital, TradingView(トレーディングビュー)