AUDUSD in focus ahead of RBA minutes

With the US out today, the FX markets have been fairly quiet. The US dollar has managed to rebound against some currencies amid profit-taking from the bears after its recent falls. Tonight, the focus will be on the Reserve Bank of Australia’s last policy meeting minutes. If the minutes convey anything useful then the AUD should move. But it is not because of the RBA minutes why we are looking at the AUD/USD today, as this brief report is written mainly for our technically-minded followers.  As I mentioned in my previous AUD/USD article last Wednesday, the Aussie did in fact push higher to the noted resistance area around 0.8000 despite poor domestic jobs data. But now that the US dollar is making a comeback, the AUD/USD is drifting back lower as speculators make a more sober assessment of the fundamental situation in Australia. That being, it is still not clear if Friday’s bearish-looking candle was just a reaction off of that key level or a signal that the next leg of the downward move has started. We may get a better idea once the RBA is out of the way tonight. If 0.7895 or worse even 0.7875 support fails to hold then the sellers may come back and push the units down sharply again. On the other hand, a move above the noted 0.800 resistance level should invalidate the bearish idea. But as we are expecting a broad-based dollar rebound, we think that the AUD/USD’s next move could very well be to the downside. If the Aussie does break lower as we expect, then the next level of support below the noted 0.7875 level is at around 0.7760 area where we also have the 200-day average converging. Below here, 0.7730 is an interesting level to watch because this previously resistance level has not yet been tested as support. So, should price get to 0.7730, we could see a bounce of some sort.

Source: eSignal and FOREX.com.

本レポートに記載されている情報や見解は、一般的な情報としての使用のみを目的としたもので あり、通貨、CFD、その他あらゆる金融商品の、購入や売却に関する勧誘や依頼の意図は全くあ りません。本文書に盛り込まれている、いかなる見解や情報も、予告や通知なく変更することが あります。本文書は、特定の投資目的や、何らかの財務的背景、特定の受領者の意思などに沿っ て書かれ配布されたものではありません。本文書内で引用・言及されている、あらゆる過去の価 格データ・価格推移データは、当社独自の調査や分析に基づいており、当社はそのデータの提供 元やそのデータそのものの信頼性につき、いかなる保証もせず、また筆者や訳者、各国の支社・ 支店も、本文書の内容の正確性や完全性についても一切保証しません。本文書については英語版 を原版とし、翻訳版と原版で相違がある場合には、原版の内容が優先するものとします。本文書 の内容に基づく直接または間接の損失、そして本文書を信頼したことによる、いかなる人物や団 体が結果的に引き起こした損失についても、当社は一切その責を負いません。

先物取引、先物オプション取引、外国為替証拠金取引(またはFX)、CFD、その他、入金額より もレバレッジをかけて、より大きな金額で取引をする金融商品には、当初入金額を超える大きな 損失を被るリスクがあり、すべての人に適するわけではありません。レバレッジを大きくして取 引すると、その分リスクも高くなります。金スポットや銀の取引は、米国商品取引法(U.S. Commodity Exchange Act)の規制で保護されていません。また、差金決済取引(CFD)は米国 在住者の取引は許可されていません。外国為替証拠金取引(FX)や商品先物取引を行う前には、 投資目的、投資経験、リスク許容範囲等について十分検討する必要があります。本文書内にある、 いかなる見解、ニュース、調査、分析、価格その他についても、「本文書を読むいかなる人物や 団体も、FOREX.comが、投資、法的、税務に関して助言するものではないことを理解している」 ことを前提として、一般的な情報として提供されるものです。いかなる投資、法的、税務に関す る事柄についても、適切な専門家や助言者に相談をしてください。FOREX.comは、米国の商品先 物取引委員会(CFTC)、英国の金融行動監督機構(FCA)、オーストラリアのオーストラリア証 券投資委員会(ASIC)、日本の金融庁の規制を受けています。