注目記事

AUDUSDはハト派のRBAにも関わらず、動意づいている。

米ドルは、米国大統領選挙の前に株式が上昇する一方、火曜日にすべての主要通貨に対して弱気だった。米国の経済データの最新情報については、製造業受注が8月の改定値+0.6%から9月の月間で1.1%(予想値+1.0%)増加した。最後に、耐久財受注は、9月の速報値に沿って、9月の月間で1.9%(予想通り)増加した。 

水曜日には、10月30日で終わる週の米抵当銀行協会住宅ローン申請データが予定されている。10月のADP雇用統計は、9月に74.9万件の雇用に比較し、65.0万件の雇用が追加されることを示すと予想されている。ついに、9月の貿易赤字が8月の671億ドルから月間で639憶ドルに縮小することが予想されている。           

ユーロは、 CAD、JPYおよびUSDを例外として、その主要ペアのほとんどに対して弱気であった。ヨーロッパでは、主要経済データがリリースされなかった。 

豪ドルは全ての主要通貨ペアに対して強気であった。この通貨ペアは、トレーダーが米国大統領選挙の前にリスク選好を高め、116ピップス(1.64%)上昇した後に、火曜日のトレーディングで最大の上昇となった。この通貨ペアは、下げトレンドチャンネルと下げウェッジ反転パターの上にブレイクした。これは、3月に遡って始まった前回の上昇トレンドの再開となりえるのだろうか。0.699が支持線として維持することが出来る限り、0.725の抵抗線に向けて高値継続と最終的には、0.742付近の最近の高値のテストを期待する。



出典:GAIN Capital, TradingView(トレーディングビュー)