注目記事

AUDUSDは上昇ウェッジパターンの低いトレンドライン上に留まっている

米ドルは金曜日に、 NZDおよびCADを例外として、その主要ペアのほとんどに対して強含んだ。経済データの最新情報では、Markitの米国製造業購買担当者景気指数は8月の速報値(52.0が予想値)は、7月の50.9から月間で53.6に急上昇となった。Markitの米国サービス業購買担当者景気指数の8月の速報値(51.0が予想)は、7月の確定値50.0から月間で54.8に急上昇となった。最後に、中古住宅販売件数は、6月の改定値470万件から7月の月間で586万件(予想値541万件)に増加した。 

月曜日には主要経済データのリリースが予定されていない。      

ユーロは、 GBPを例外として、その主要ペアのほとんどに対して弱含んだ。ヨーロッパでは、英国国家統計局が、7月の小売売上高を+3.6%(vs. 年間+2.0%が予想値)と報告した。研究企業Markitは、ユーロ圏の8月の製造業PMI速報値を51.7(vs. 予想値52.9)と発表しており、ドイツは53.0(vs. 予想値52.5)、フランスは49.0(vs. 予想値53.7)であり、そして英国は55.3(vs. 予想値53.8)であった。また、8月のMarkitサービス業PMIの速報値は、ユーロ圏について50.1(vs. 予想値54.5)とリリースされており、ドイツは50.8(vs. 予想値55.1)、フランスは51.9(vs. 予想値56.3)であり、英国は60.1(vs. 予想値57.0)であった。

豪ドルは、 GBPおよびEURを例外として、その主要ペアのほとんどに対して弱含んだ。

AUD/USDは金曜日に32ピップス下落した。同通貨ペアは、200日移動平均線の上でクロスした後に形成し始まった上昇ウェッジパターン内で進んでいました。RSIはちょうど50の上で下向きになっています。同通貨ペアは、低い方のトレンドライン上で支持線を見つけ、2020年の高値の0.7275に向けて反発する可能性が高い。価格が0.7275抵抗線の上にブレイクすることができれば、それは、2018年の12月に最後に達したレベルの0.7395に達する可能性が高い。同通貨ペアが低いトレンドラインの下に下がる場合は、トレーダーは可能性のあるリバウンドに向け、0.7065の支持線レベルを注目すべきだ。価格が0.7065で維持することができない場合は、それは同通貨ペアが0.6970に戻ることになる弱気のシグナルとなるだろう。        

     



出典:GAIN Capital, TradingView(トレーディングビュー)