注目記事

AUD/USDは強いモーメンタムで高値押上げ

米ドルは、GBPを例外として木曜日にほとんどの主要通貨に対して弱気だった。12月5日で終わる週の新規失業保険申請件数は、その前の週の改定値71.6万人から85.3万人(予想値72.5万人)に急増した。11月28日で終わる週の継続失業保険申請人数は、その前の週の改定値552.7万人から575.7万人(予想521.0万人)に増加した。消費者物価指数は、10月の6変更無しから11月の月間で0.2%(予想値+0.1%)増加した。最後に、月間貿易赤字は10月の2,841億ドルから11月の月間で1,453憶ドル(予想1,985憶ドル)に縮小した。

金曜日には、11月生産者価指数最終需要は、10月の+0.3%に比較し、月間で0.1%増加すると予想されている。最後に、ミシガン大学消費者信頼感指数の12月の速報値は、11月の確定値の76.9%から月間で76.0%に下がることが予想されている。      

ユーロは、 NZD、AUD、およびCADを例外として、その主要ペアのほとんどに対して強気だった。ヨーロッパでは、欧州中央銀行は、その政策金利を据え置き、PEPP(パンデミック緊急購入対策)を少なくとも2022年3月に向けて5,000置くユーロまで増強ことに決定した。それとは別に、英国国家統計局は、10月の月間GDPを+0.4%(vs. 変化なし予想)、鉱工業生産を+1.3%(v. 月間予想+0.4%)、そして貿易収支を17.38億ポンドの赤字(vs. 予想赤字1.56億ポンド)と報告した。さらに、フランスのINSEEは10月の鉱工業生産を+1.6%(v. 月間予想値+0.4%)と公表した。

豪ドルは主要通貨ペア全てに対して強気だった。 

AUD/USDは、9月の高値をブレイクし、木曜日のトレーディングで0.75の最初のターゲットの上にブレイクした。この通貨ペアは目覚ましい91ピップスの上昇となり、パフォーマンスの観点でその日のトップの主要通貨となった。プライスアクションは現在、上のボリンジャーバンドの上にあり、強気のモーメンタムを示している。我々は、0.765と0.777のエクステンションを新たなターゲットとし、0.738で20日移動平均線にマッチするようストップロスを引き上げた。



出典:GAIN Capital, TradingView(トレーディングビュー)