注目記事

AUDUSDは弱気のトレンドでプレッシャーを受けている

米ドルは水曜日に、 JPYを例外として、その主要ペアのほとんどに対して強気だった。米国の最新経済情報については、米抵当銀行協会住宅ローン申請件数が10月23日に終わる週について、その前の週の-0.6%に比較し、1.7%上昇した。ついに、卸売在庫は、8月の最終値の改定値+0.3%に比較し、9月の速報値は月間で0.1%(予想値+0.4%)下がった。

木曜日に、10月24日で終わる週の新規失業保険申請件数は、その前の週の78.7万人から77.0万人に減少することが予想されている。10月17日で終わる週の継続申請件数は、その前の週の37.3万人から770.0万人に減少することが予想されている。第3四半期のGDPの速報値は、第2四半期の第3数値の-31.4%から四半期で+32.0%上昇することが予想されている。最後に、9月の消費者物価指数は8月の+8.8%に比較し、月間で3.0%上昇することが予想されている。       

ユーロは全ての主要通貨ペアに対してまちまちであった。ヨーロッパでは、フランスのINSEEが10月の消費者信頼感指数を94(vs. 予想値93)とリリースした。

豪ドルは、水曜日のトレーディングで1%以上、73ピップス下げた後にほとんどの主要通貨に対して下げた。オーストラリアのヘッドラインのCPIは、第2四半期の1.9%の下げに対して、1.5%の予想を若干上回り、第3四半期に1.6%上昇した。その増加は、育児、自動車燃料と子供の教育費でのリバウンドで推進されていた。CPIの増加でも、ブルームバーグのエコノミストは、その増加は、RBAが11月の金融政策委員会でさらなる緩和の削減を行う理由をもたらすものではないと確信している。AUD/USDの日足を見ると、この通貨ペアは10月14日に20日移動平均線が50日移動平均線の下にクロスした後に、弱気トレンドチャンネル内に留まっており、抵抗線として機能している下げトレンドラインから戻りとなっていた。0.700のサポート、最終的にはエクステンション上の0.692をテストすべく、さらなる下げプレッシャーがかかると予想される。0.725の上へのブレイクは、強力な強気のシグナルとなり、上向きのトレンド反転のサインとなる可能性がある。 



出典:GAIN Capital, TradingView(トレーディングビュー)

トレーディングをお楽しみください。