注目記事

AUDUSDは上向きのモーメンタムの継続を示す

米ドルは、AUDを例外として金曜日にほとんどの主要通貨に対して弱気となった。月曜日には主要経済データが予定されていない。        

ユーロはCHFを例外として、ほとんどの主要通貨に対して強かった。ヨーロッパでは、ドイツの9月の鉱工業生産+2.5%が予想されていたが月間で僅か1.6%上昇し、8月の数字は+0.5%から+0.2%に低く改訂された。

豪ドルは全ての主要通貨ペアに対して弱気となった。

今週の米国の経済データの最新情報については:

10月31日で終わる週の新規失業保険申請件数は、その前の週の改定値75.8万人から75.1万人(予想値73.5万人)に下がった。10月24日で終わる週の継続失業保険申請件数は、その前の週の改定値782.3人から728.5万人(予想値720.0万人)に下がった。  非農業部門雇用変化は、9月の改定値67.2万人から10月の月間で63.8万人(予想58.0万人)にさがった。失業率は9月の7.9%から10月の月間で6.9%(予想7.6%)に下がった。ADPの雇用変化は、9月に追加された改定値75.3万件の雇用と比較し、10月の月間で36.5万件(予想値64.3万件)の増加となったことを示している。

卸売在庫は、9月の速報値の-0.1%から、9月の確定値は月間で0.4%(予想値-0.1%)高まった。製造業新規受注は8月の改定値+0.6%に比較し、9月の月間で1.1%(予想値は+1.0%)増加した。耐久財受注は、9月の速報値に沿って、9月の確定値が月間で1.9%(予想通り)増加した。Markitの米国製造業購買担当者景気指数は10月の速報値53.3から、月間で53.4(予想値53.3)に若干に上昇した。建設支出は8月の+1.4%に比較し、9月の月間で0.3%(予想値は+1.0%)増加した。 

連邦公開市場委員会(FOMC)は、フェデラル・ファンドターゲット金利を予想通り、0.00%と0.25%の間に据え置いた。 

米抵当銀行協会住宅ローン申請件数は、その前の週の+1.7%に比較し、10月30日に終わる週について3.8%増加した。  

貿易赤字は、8月の改定値670憶ドルから9月の月間で639憶ドル(予想通り)に縮小した。 

今週、最大上昇した通貨ペアを見ると、AUDUSDは主要ブレイクアウトを確認した後に、3.43%、つまり241ピップス上昇し、トップの上昇通貨ペアとなっている。この通貨ペアは、下げトレンドチャンネルと下げウェッジ反転パターの上にブレイクした後に、上向きのモーメンタムを引き続き示している。0.715が支持線として保持される限り、9月に遡ってつけた0.742レベル付近の最近の高値をテストすべく、高値継続とさらに上昇継続の上昇トレンドを期待したい。0.715の支持線の下へのブレイクは、ブレイクアウトのパターンを無効にし、この通貨ペアに0.699の支持線に下げるプレッシャーをかけることになるだろう。



出典:GAIN Capital, TradingView(トレーディングビュー)

良い週末をお過ごしください。