注目記事

AUDUSDは主要雇用データの前にプレッシャーを受けている

米ドルは、カナダドルを例外として水曜日にほとんどの主要通貨に対して弱気だった。米国の最新経済情報については、米抵当銀行協会住宅ローン申請件数が10月9日に終わる週について、その前の週の+4.6%に比較し、0.7%下げた。最後に、生産者物価指数最終需要は、8月の+0.3%に比較し、9月の月間で0.4%(予想値+0.2%)増加した。   

木曜日に10月のニューヨーク連銀製造業景気指数は、9月の17.0から月間で14.0に下がることが予想される。10月10日で終わる週の新規失業保険申請件数は、その前の週の84.0万人から82.5万人に減少することが予想されている。最後に、10月3日で終わる週の継続する申請件数は、その前の週の1,097.6万人から1,055.0万人に減少することが予想されている。       

ユーロはCADを例外として、ほとんどの主要通貨に対して弱気であった。ヨーロッパでは、欧州委員会は8月の鉱工業生産を+0.7%(vs. 月間予想+0.8%)と報告した。

豪ドルは、 CADおよびUSDを例外として、その主要ペアのほとんどに対して弱気だった。木曜日にはいくつかの主要雇用データのリリースが予定されている。9月の雇用変化は、8月の11.1万人の増加から、4万人減少することが予想されている。正規雇用は、前回の3.62万人の増加から1万人減少することが予想されている。オーストラリアの失業率は、前回の6.8%から9月の7%に上昇することが予想されています。パートタイム雇用は、前回の7.48万人の増加から9月の3万人減少するかもしれない。 

雇用減が予想されており、AUDUSDはその直近の上昇トレンドが終了したことを示した。この通貨ペアは、20日移動平均線50日移動平均線の下に戻ってクロスした後に、弱気のクロスを確認した。4月末に移動平均線の強気のクロスが開始した上昇トレンドは14%程度上昇し、およそ110日間継続していた。0.7025のサポート、究極的には0.692のエクステンションに達する下側が好まれるが、主要抵抗線は、0.725エリアにあるのが分かる。 


出典:GAIN Capital, TradingView(トレーディングビュー)

トレーディングをお楽しみください。