注目記事

EURUSDは主要日中支持線を維持できるのか。


米ドルは月曜日、全ての主要通貨ペアに対して弱含んだ。ここで今日、最も動く通貨ペアを見ていきましょう。
米国の経済データの最新情報については、全米供給管理協会(ISM)の非製造業指数は5月の45.4から6月の月間で57.1(予想値50.2)に上昇した。   
火曜日に、米労働統計局の5月の求人労働異動調査は、4月の5,046から月間で4,500に下がることが予想されている。   
ユーロは全ての主要通貨ペアに対して強含んでいた。ヨーロッパでは、統計情報の最新情報では、ユーロ圏で小売売上は前月12.1%落ち込んだ後に(改定値-11.7%)、5月に予想以上の17.8%リバウンドした。一方、Sentixユーロ圏投資家センチメント指数は、6月の-24.8から7月の-18.2に期待ほどの上昇にはならなかった。ドイツでは製造業受注は、4月の26.2%の落ち込み後(改定値-25.8%)に5月に10.4%リバウンドした。一方、建設業PMI指数は、5月の40.1から6月に41.3に上昇した。英国では建設業PMI指数は、5月の28.9から6月に55.3にリバウンドした。それは46.0に達すると予想されていた。
豪ドルはEURを例外として、ほとんどの主要通貨に対して強かった。 
最も活発な主要通貨ペアを見ると、EUR/USDは月曜日のトレーディングで59ピップス上昇し、1.1307に上昇した。EUR/USDは、若干押す前に1.134エリアまで素晴らしい上昇を見せた。1.1303のオーバーラップのサポートが維持される限り、1.1345での今日の高値を再テストすることを期待したい。それ以下のブレイクは、1.1275のサポートエリアに向けた下げの調整を引き起こすと思われる。 





出典:GAIN Capital, TradingView(トレーディングビュー)