注目記事

カナダドルを支援する原油価格上昇

,

米ドルは水曜日に、全ての主要通貨ペアに対して弱気だった。 

米国の経済データの最新情報については多忙な日だった、米抵当銀行協会住宅ローン申請数が11月20日に終わる週について、その前の週の-0.3%に比較し、3.9%急増となった。 

11月21日で終わる週の新規失業保険申請者数は、その前の週の改定値74.8万人から77.8万人(予想値73.0万人)に増加した。11月14日で終わる週の継続失業保険申請者数は、その前の週の改定値637.0人から607.1万人(予想値640.0万人)に下がった。 

卸売在庫は、10月の確定値の+0.7%に比較し、6月の速報値は月間で0.9%(予想値+0.4%)増加した。 

GDPは、第3四半期の先読み値に沿って第3四半期第2数値で+33.1%(予想通り)に留まっていた。 

耐久財受注は9月の確定値の改定値+2.1%に比較し、10月の速報値は月間で1.3%(予想値+0.8%)増加した。 

個人所得は9月の改定値+0.7%に比較し、10月の月間で0.7%(予想値は-0.1%)下がった。個人支出は9月の改定値+1.2%に比較し、10月の月間で0.5%(予想値は+0.4%)増加した。 

ミシガン大学消費者信頼感指数指数は、11月の速報値77.0から下がり、11月の確定値が月間で76.9(予想値77.0)に下がった。 

新築住宅販売は、9月の改定値100.2万人から10月の月間で99.9万人(予想97.5万人)に減少した。 

最後に、連邦公開市場委員会(FOMC)議事録では、金融状況はネットではほとんど変化なく、経済データや予想以上の収益が株価を支えていると記していた。しかしながら、米国大統領選挙に併せ、ヨーロッパと米国でのCovid-19感染者数の最近の増加は、株式市場でのインプライドボラティリティーにつながった。結論として、将来のフェデラル・ファンド金利についてのFOMCの見解は、その期間、ほとんど変化が無かった。     

木曜日に、米国市場は感謝祭を祝うために休場となる。

ユーロは、 NZDおよびCHFを例外として、その主要ペアのほとんどに対して強かった。ヨーロッパでは、主要経済データがリリースされなかった。 

豪ドルはCAD.を例外として、ほとんどの主要通貨に対して弱含んだ。

主要通貨ペアの中で、今週の最大の下落となったのは、98ピップス下落したUSD/CADであった。チャートを見ると、同通貨ペアは1.299レベルの支持線の重要エリアをテストしている。下へのブレイクは、3月の高値後に始まった下落トレンドの継続を確認することになる。1.299以下にブレイクすれば、1.2805の支持線レベルをテストすることになる可能性がある。



出典:GAIN Capital, TradingView(トレーディングビュー)