注目記事

重要指標目白押し、ドルインデックスは上値抵抗線へ

今週は静かに明けたものの、火曜から欧州株価指数の急落が発生、それにつれて米国株価指数先物に下げが波及しています。FXでは、新興国通貨の壊滅的状況に終わりは見えないものの、米ドルは上昇を継続しています。ゴールドは株式市場の弱さのため値を上げるかと思いきや、通貨ドルの好調に押されて不調を継続。他の貴金属も値を下げていますが、最も顕著なのはシルバーです。執筆時点で、メジャー通貨ペアおよびゴールドは安値から若干戻している印象ですが、これが本格的なトレンド反転につながるかはまだ未知数といえるでしょう。北米マーケット参加者は「労働の日」の祝日で月曜を休み、火曜からマーケットに戻って来ました。また、夏季休暇シーズンが終わり、ボラティリティも上がるのではと予想されます。

今週はマクロイベント多数
新興国マーケットにまつわる不安に加え、今週予定されている数々のマクロイベントによってもボラティリティがもたらされる可能性があります。
まずRBA(オーストラリア準備銀行)は大方の予想通り政策金利の据え置きを決定。ロウ総裁は金利変更の時期は依然としてまだ遠いこと、またその際の変更は引き下げではなく引き上げであろうこと、につきコメントしています。
またカナダ銀行は日本時間木曜夜の会合において政策金利の引き上げか据え置きを決定することになっています。すでに前回7月に利上げを実施してあることもあり、アナリストは全体として据え置きを予想しています。米国とカナダがNAFTAの合意に達しなかったことを受け、カナダ銀行としては「待ち」の姿勢になることも予想できます。
英国の工業・建設PMIは予想を下回り、特にインパクトに欠ける内容。
ここから、米国ISM工業PMI、オーストラリアGDP、英国サービスPMIが水曜夜に、また木曜には米国のADP民間部門給与データとISMサービスPMIが発表され、そして金曜夜の米国およびカナダの雇用統計を待つことになります。

これら多数のイベントを控え、ドルインデックスは大きく上昇を見せており、95.30から95.65のレジスタンスゾーンにかかっています。このエリアは以前に強力な上値抵抗の効果を見せており、前回8月初頭に一旦突破できた経緯があります。しかしその後2週間程度、価格は行きつ戻りつしながら決定的な突破を見せることはなく、このラインは下値支持線としての役割転化の機会もありませんでした。ドルインデックスはその後結果的に下落しています。さて、今回再度戻ってきたこの価格帯ですが、再び上値抵抗となるでしょうか。もし下げ戻す場合は、週足で同事線を見せた先週の高値である95.30が注目ポイントとなるでしょう。ここを割ったままとなると、先週のレンジを上方突破した勢いは削がれたとみられるでしょう。さらにこの月曜の安値95.00を割った場合、短期的には下落の勢いが決定付けられることになりそうです。しかし逆に、レジスタンスレベルを95.65から上抜けする場合、弱気傾向は消え、直近の高値97.00を視野に入れて上がっていく可能性があります。


出典: eSignal and FOREX.com

本レポートに記載されている情報や見解は、一般的な情報としての使用のみを目的としたもので あり、通貨、CFD、その他あらゆる金融商品の、購入や売却に関する勧誘や依頼の意図は全くあ りません。本文書に盛り込まれている、いかなる見解や情報も、予告や通知なく変更することが あります。本文書は、特定の投資目的や、何らかの財務的背景、特定の受領者の意思などに沿っ て書かれ配布されたものではありません。本文書内で引用・言及されている、あらゆる過去の価 格データ・価格推移データは、当社独自の調査や分析に基づいており、当社はそのデータの提供 元やそのデータそのものの信頼性につき、いかなる保証もせず、また筆者や訳者、各国の支社・ 支店も、本文書の内容の正確性や完全性についても一切保証しません。本文書については英語版 を原版とし、翻訳版と原版で相違がある場合には、原版の内容が優先するものとします。本文書 の内容に基づく直接または間接の損失、そして本文書を信頼したことによる、いかなる人物や団 体が結果的に引き起こした損失についても、当社は一切その責を負いません。

先物取引、先物オプション取引、外国為替証拠金取引(またはFX)、CFD、その他、入金額より もレバレッジをかけて、より大きな金額で取引をする金融商品には、当初入金額を超える大きな 損失を被るリスクがあり、すべての人に適するわけではありません。レバレッジを大きくして取 引すると、その分リスクも高くなります。金スポットや銀の取引は、米国商品取引法(U.S. Commodity Exchange Act)の規制で保護されていません。また、差金決済取引(CFD)は米国 在住者の取引は許可されていません。外国為替証拠金取引(FX)や商品先物取引を行う前には、 投資目的、投資経験、リスク許容範囲等について十分検討する必要があります。本文書内にある、 いかなる見解、ニュース、調査、分析、価格その他についても、「本文書を読むいかなる人物や 団体も、FOREX.comが、投資、法的、税務に関して助言するものではないことを理解している」 ことを前提として、一般的な情報として提供されるものです。いかなる投資、法的、税務に関す る事柄についても、適切な専門家や助言者に相談をしてください。FOREX.comは、米国の商品先 物取引委員会(CFTC)、英国の金融行動監督機構(FCA)、オーストラリアのオーストラリア証 券投資委員会(ASIC)、日本の金融庁の規制を受けています。