注目記事

日銀の政策に市場が反応? 円がユーロに対し上昇

ユーロは長期にわたり米ドルや日本円に対して上昇を続けていましたがそれが今週一服。そのような中、日銀は火曜日に超長期ゾーンの国債買い入れを減額、これは遠くない将来に現行の巨大な緩和策を縮小するのではという反射的な観測を呼びました。日銀はこれまで金融緩和策の国債購入の終了は検討していないと繰り返し断言しているものの、この観測によって円は急騰しました。
結果として円は主要通貨に対して一様に上昇する中、ユーロ圏ではインフレ成長の遅れの懸念が再燃したことにより、ECBによる金融政策引き締めの計画への疑念が生じています。このようにユーロの不調と日銀を原因とした円高により、ユーロ円は先週後半に付けた直近2年強の高値である136.62から大きく下げています。
さてユーロ円の今後の方向性ですが、これは中央銀行の政策の進み具合、つまりECBによる引き締めペースと日銀の緩和策の縮小ペースをマーケットがどう期待するかということにかかってくるでしょう。短期的には、ユーロ円はテクニカル上買われすぎのレベルからの急激な調整を見せているといえるでしょう。この下落で一旦134.00の節目のサポートエリアをつけ、その後少しリバウンドしているようです。134.00を決定的に割った場合、次は昨年12月半ばにつけた132.00のサポートレベルを目指していくことになることになるでしょう。


出典: FOREX.com

本レポートに記載されている情報や見解は、一般的な情報としての使用のみを目的としたもので あり、通貨、CFD、その他あらゆる金融商品の、購入や売却に関する勧誘や依頼の意図は全くあ りません。本文書に盛り込まれている、いかなる見解や情報も、予告や通知なく変更することが あります。本文書は、特定の投資目的や、何らかの財務的背景、特定の受領者の意思などに沿っ て書かれ配布されたものではありません。本文書内で引用・言及されている、あらゆる過去の価 格データ・価格推移データは、当社独自の調査や分析に基づいており、当社はそのデータの提供 元やそのデータそのものの信頼性につき、いかなる保証もせず、また筆者や訳者、各国の支社・ 支店も、本文書の内容の正確性や完全性についても一切保証しません。本文書については英語版 を原版とし、翻訳版と原版で相違がある場合には、原版の内容が優先するものとします。本文書 の内容に基づく直接または間接の損失、そして本文書を信頼したことによる、いかなる人物や団 体が結果的に引き起こした損失についても、当社は一切その責を負いません。

先物取引、先物オプション取引、外国為替証拠金取引(またはFX)、CFD、その他、入金額より もレバレッジをかけて、より大きな金額で取引をする金融商品には、当初入金額を超える大きな 損失を被るリスクがあり、すべての人に適するわけではありません。レバレッジを大きくして取 引すると、その分リスクも高くなります。金スポットや銀の取引は、米国商品取引法(U.S. Commodity Exchange Act)の規制で保護されていません。また、差金決済取引(CFD)は米国 在住者の取引は許可されていません。外国為替証拠金取引(FX)や商品先物取引を行う前には、 投資目的、投資経験、リスク許容範囲等について十分検討する必要があります。本文書内にある、 いかなる見解、ニュース、調査、分析、価格その他についても、「本文書を読むいかなる人物や 団体も、FOREX.comが、投資、法的、税務に関して助言するものではないことを理解している」 ことを前提として、一般的な情報として提供されるものです。いかなる投資、法的、税務に関す る事柄についても、適切な専門家や助言者に相談をしてください。FOREX.comは、米国の商品先 物取引委員会(CFTC)、英国の金融行動監督機構(FCA)、オーストラリアのオーストラリア証 券投資委員会(ASIC)、日本の金融庁の規制を受けています。