注目記事

Euro hit by double whammy of bearish news

The euro has been hit the hardest among the major currencies today. It was dealt a double whammy of soft Eurozone data and surprisingly dovish European Central Bank meeting minutes. The single currency slumped initially after the publication of more disappointing data this morning. This time it was industrial production, which contracted by 0.8% in February rather than increase 0.1% as expected. This is the latest Eurozone data which points to evidence that growth in the region may be slowing down, crucially at a time when the ECB is considering to taper QE. But if the recent trend of soft data continues then the central bank may have to delay the normalisation process. The ECB was actually surprisingly dovish at its last policy meeting. According to the meeting minutes, released earlier today, the Governing Council seemed worried about the impact of the trade war, noting "widespread concern" about the potential impact of protectionism. Of the euro’s strength, the ECB said that it "may have a more negative impact on inflation”. And on inflation, the conclusion was that the evidence for a sustained rise in prices towards levels consistent with the Governing Council’s target was “still not sufficient.” In other words, the ECB appears more likely to maintain status quo longer than some had thought.

The euro’s breakdown was most noticeable against the British pound and the New Zealand dollar. These currencies have been among the strongest in recent trade. The EUR/NZD has in fact broken below its long-term bullish trend line at 1.6750/65. At the time of this writing, it was trading near its session low and appeared poised to drop towards its 200-day moving average at 1.6655 next. The 1.6750/65 level is now the key short-term resistance to watch. For as long as price holds below this level, the path of least resistance would remain to the downside. However, if and when price breaks above this level and goes on to break the next resistance at 1.6820, it would thus reclaim the broken bullish trend line and therefore the bearish idea would become invalidated.


Source: eSignal and FOREX.com.

本レポートに記載されている情報や見解は、一般的な情報としての使用のみを目的としたもので あり、通貨、CFD、その他あらゆる金融商品の、購入や売却に関する勧誘や依頼の意図は全くあ りません。本文書に盛り込まれている、いかなる見解や情報も、予告や通知なく変更することが あります。本文書は、特定の投資目的や、何らかの財務的背景、特定の受領者の意思などに沿っ て書かれ配布されたものではありません。本文書内で引用・言及されている、あらゆる過去の価 格データ・価格推移データは、当社独自の調査や分析に基づいており、当社はそのデータの提供 元やそのデータそのものの信頼性につき、いかなる保証もせず、また筆者や訳者、各国の支社・ 支店も、本文書の内容の正確性や完全性についても一切保証しません。本文書については英語版 を原版とし、翻訳版と原版で相違がある場合には、原版の内容が優先するものとします。本文書 の内容に基づく直接または間接の損失、そして本文書を信頼したことによる、いかなる人物や団 体が結果的に引き起こした損失についても、当社は一切その責を負いません。

先物取引、先物オプション取引、外国為替証拠金取引(またはFX)、CFD、その他、入金額より もレバレッジをかけて、より大きな金額で取引をする金融商品には、当初入金額を超える大きな 損失を被るリスクがあり、すべての人に適するわけではありません。レバレッジを大きくして取 引すると、その分リスクも高くなります。金スポットや銀の取引は、米国商品取引法(U.S. Commodity Exchange Act)の規制で保護されていません。また、差金決済取引(CFD)は米国 在住者の取引は許可されていません。外国為替証拠金取引(FX)や商品先物取引を行う前には、 投資目的、投資経験、リスク許容範囲等について十分検討する必要があります。本文書内にある、 いかなる見解、ニュース、調査、分析、価格その他についても、「本文書を読むいかなる人物や 団体も、FOREX.comが、投資、法的、税務に関して助言するものではないことを理解している」 ことを前提として、一般的な情報として提供されるものです。いかなる投資、法的、税務に関す る事柄についても、適切な専門家や助言者に相談をしてください。FOREX.comは、米国の商品先 物取引委員会(CFTC)、英国の金融行動監督機構(FCA)、オーストラリアのオーストラリア証 券投資委員会(ASIC)、日本の金融庁の規制を受けています。