注目記事

EURUSDは主要通貨ペアに対して最大の上昇

米ドルは豪ドルを例外として月曜日にほとんどの主要通貨ペアに対して弱気となった。米国の最新経済データについては、主要経済データのリリースはない。 

火曜日は、9月の住宅着工件数は、8月の141.6万件から月間で146.0万件に増加することが予想されている。 

ユーロはCHFを例外として、ほとんどの主要通貨に対して強かった。ヨーロッパでは、ユーロ圏の建設部門生産高は7月の0.3%の増加に続き、8月の+2.6%増加した。

豪ドルは主要通貨ペア全てに対して弱気であった。

最も活発な通貨ペアを見ると、1日で最大上昇したのはEUR/USDであり、月曜日のトレーディングで0.48%、つまり57ピップス上昇し、1.177となった。同通貨ペアは、上昇トレンドラインの下にブレイクした後、1.183の抵抗線と1.1605支持線の間でもみ合いとなっている。望まれることは、1.1605の支持線の下へのブレイクが新たな下落トレンドが開始する事であるが、月曜日の強いパフォーマンスに基づき、1.183の抵抗線の上へのブレイクの可能性がある。



出典:GAIN Capital, TradingView(トレーディングビュー)

トレーディングをお楽しみください。