注目記事

EURUSDはトレンド継続

米ドルは木曜日、全ての主要通貨ペアに対してまちまちであった。米国の最新経済データについては、失業保険申請件数は前の週の118.6万件から8月8日で終わる週に22.8万件減少し、96.3万件(予想110.0万件)となり、失業保険申請件数はコロナウィルスのパンデミックが始まって以来、100万件以下となった。輸入物価は、6月の1.4%の上昇に比較し、予想値の0.6%を超え、7月の月間で0.7%上昇した。 

金曜日には、小売売上高は6月の7.5%から7月の月間で2%増加する可能性が高い。鉱工業生産は、6月の5.4%の増加から7月の月間で3%増加することが予想されている。最後に、ミシガン大学消費者信頼感指数は、7月の確定値の72.5に比較し、8月に71.9に下がることが予想されている。 

ユーロは全ての主要通貨ペアに対して強含んでいた。ヨーロッパでは、ドイツ連邦統計局は、7月の消費者物価指数(CPI)が-0.1%の確定値を発表した。フランス国立統計経済研究所(INSEE)は、第2四半期の失業率は7.1%(予想値8.3%)であると報告した。

豪ドルはNZDを例外として、ほとんどの主要通貨に対してプレッシャーを受けていた。

チャートを見ると、EUR/USDは引き続き、短期的なもみ合いゾーンの中にある$1.1915の抵抗エリアにチャレンジしている。このペアは、20日移動平均線でサポートされている。主要サポートが、$1.1165のスイングローと$1.1915のスイングハイからの61.8%のフィボナッチレベルに相当する$1.1635レベルを維持する限り、プライスアクションが1.1915の抵抗線レベルをブレイクすることができる場合、上昇トレンドを継続すると予想する。






出典:GAIN Capital, TradingView(トレーディングビュー)

トレーディングをお楽しみください。