注目記事

EURUSDの下げトレントは弱まってきている

米ドルは月曜日に、 NZDおよびJPYを例外として、その主要ペアのほとんどに対して弱含んだ。米国の最新経済データについては、主要経済データのリリースはない。

火曜日に、8月の米国の貿易赤字は7月の636憶ドルから月間で662憶ドルに増えることが予想されている。最後に、8月の米国の求人数は7月の662万件に比較し、月間で650万件の求人とリリースすることが予想されている。                      

ユーロは全ての主要通貨ペアに対して強含んでいた。ヨーロッパでは、調査企業Markitがユーロ圏の9月のサービス業PMIの確定値を48.0(vs. 予想値47.6)、ドイツについては50.6(vs. 予想値49.1)、フランスについては47.5(予想通り)、そして英国については56.1(vs. 予想値55.1)と公表した。ユーロ圏の8月の小売業売上は月間で+4.4%(vs. 予想値+2.5%)増加した。

豪ドルは主要通貨ペア全てに対してまちまちであった。 

WTI原油は2.3ドル(+6.21%)高くなり、39.35になった。

一日で最大に上昇したのはEUR/USDであり、月曜日のトレーディングで63ピップス上昇し、1.1779となった。20日移動平均線が50日移動平均線を下にクロスした後に弱気のクロスのままとなったが、弱気のモーメンタムは現れ無かった。1.181付近の50日移動平均線の上へのブレイクは、強い強気のシグナルとなる。1.1605の支持線の下へのブレイクは、3月の抵抗線として機能していた1.15支持線に向けた下げの加速を引き起こす可能性がある。



出典:GAIN Capital, TradingView(トレーディングビュー)

トレーディングをお楽しみください。