注目記事

EURUSDは日中、弱気のチャンネル内の動き

経済データの最新情報については、卸売在庫は4月の最終値で改訂した+0.2%から、5月の速報値で月間1.2%の減少し、2009年以来の低い値であった。経済データの最新情報については、卸売在庫は4月の最終値で改訂した-18.1%から、5月の速報値で月間15.8%の減少し、2014年以来の低い値であった。GDPは、第1四半期の第2改定値に沿った第1四半期確定値で-5.0%に留まっていた。6月20日で終わる週の新規失業保険申請件数は、その前の週の改定値154万人から148万人(予想値132万人)に減少した。6月13日で終わる週の継続失業保険申請件数は、その前の週の改定値2,028.9人から1,952.2万人(予想値20,000万人)に減少した。 
金曜日は、5月の個人所得が4月の+10.5%から月間で6.0%落ち込むことが予想されている。5月の個人支出は、4月の-13.6%から月間で9.0%増加することが予想されている。最後に、ミシガン大学消費者信頼感指数の6月の確定値は、6月の速報値の78.9%から月間で79.2%に増加することが予想されている。 
ユーロは全ての主要通貨ペアに対して弱含んだ。ヨーロッパでは、7月のドイツのGfK消費者信頼感指数は-18.6から-9.6(予想値-12.9)に上がった。 
豪ドルはNZDを例外として、ほとんどの主要通貨に対して強かった。 
同通貨は外国為替市場で比較的平穏無事な取引の日であった。EUR/USDが最大の動きとなり、31ピップス下落し1.22となった。同通貨ペアは、下落のトレンドラインにあり、弱気のトレンドチャンネルの中に留まっている。日中の安値は1.119とエクステンションでの1.11675に向けたさらに下落プレッシャーが予想される。1.124以上にリバウンドがあれば、弱気のトレンドの終わりのシグナルとなり、1.2815への反転となる可能性がある。 





出典:GAIN Capital, TradingView(トレーディングビュー)

トレーディングをお楽しみください。