注目記事

EURUSDはトレーディングレンジ内に留まっている

米ドルは水曜日に、 CHFおよびEURを例外として、その主要ペアのほとんどに対して弱含んだ。米国の経済データの最新情報については、米抵当銀行協会住宅ローン申請が8月28日に終わる週について、その前の週の+2.9%に比較し、2.5%減少した。小売売上先行指数は7月の改定値+0.9%に比較し、8月の月間で0.6%(予想値は+1.0%)上昇した。最後に、連邦準備制度理事会は予想通り、政策金利を0.00%から0.25%までに据え置くことを決定した。   

木曜日に、8月の住宅着工件数は、7月の149.6万人から月間で148.3万人に下がることが予想されている。9月12日で終わる週の新規失業保険申請件数は、その前の週の88.4万人から85.0万人に減少することが予想されている。最後に、9月5日で終わる週の継続失業保険申請件数は、その前の週の1,338.5万人から1,300.0万人に減少することが予想されている。     

ユーロは、対米ドルで47ピップス落ちて1.18までとなり、全ての主要通貨に対してプレッシャーがかかっていた。ヨーロッパでは、欧州委員会は、7月の貿易収支を203億ユーロの黒字(vs. 193憶ユーロの黒字予想)と発表した。英国国家統計局は8月のCPI(消費者物価指数)を月間で-0.4%(vs. 予想値-0.6%)であるとリリースした。PPI(生産者物価指数)は予想値+0.2%に対し、+0.0%とリリースされた。さらに、OECDは2020年の世界経済成長率予想を-4.5%(vs. 前-6.0%)に引き上げた。米国のGDPは-3.8%(vs. 前-7.3%)、ユーロ圏のGDPは1.2%ポイント上がり、-7.9%(vs. 前-9.1%)となることが予想されている。 

EUR/USDを見ると、この通貨ペアは1.2015と1.1695の間でもみあいとなったままである。希望するのは、以前の上昇トレンドを継続すべく1.2015の抵抗線の上へのブレイクアウトだが、1.1695以下へのブレイクは、1.15に向けた下向きの50日移動平均線以下に同通貨ペアにプレッシャーをかける可能性がある。 





出典:GAIN Capital, TradingView(トレーディングビュー)

トレーディングをお楽しみください。