注目記事

米ドルは木曜日、全ての主要通貨ペアに対して強気だった。米国の最新経済データについては、10月24日で終わる週の新規失業保険申請者数は、その前の週の改定値79.1万人から75.1万人(予想77.0万人)に減少した。10月17日で終わる週の継続失業保険申請件数は、その前の週の改定値846.5人から775.6万人(予想777.5万人)に下がった。GDPは、第2四半期の3番目の値の-31.4%から第3四半期の速報値が四半期で+33.1%(予想値+32.0%)上昇した。ついに、仮契約住宅販売指数は、8月の+8.8%に比較し、9月の月間で2.2%(予想値は+2.9%)下げた。

金曜日に9月の個人所得は8月の-2.7%に比較し、月間で0.4%上昇することが予想されている。9月の個人支出は、8月に沿って月間で1.0%増加することが予想されている。10月のマーケットニュースインターナショナルのシカゴ景気指標は、9月の62.4から月間で58.0に減少することが予想されている。最後に、ミシガン大学消費者信頼感指数の10月の確定値は、10月の速報値に沿って月間で81.2%に留まることが予想されている。      

ユーロは全ての主要通貨ペアに対して弱含んだ。ヨーロッパでは、ECBが主要ベンチマークの政策金利を-0.50%に据え置いた。同機関は、「理事会は、次々に明らかになる状況に対応するために、そして想定されるインフレの道筋において金融状況が経済の回復を支持し、パンデミックのネガティブな影響を中和させるために、12月に適切と判断する方策を再調整する」と述べた。  ドイツ連邦統計局は10月の失業率を6.2%(vs. 予想6.3%)と公表した。イングランド銀行は9月の住宅ローン承認数を91,500(vs. 予想値76,100)とリリースした。別途、ドイツのCPIは、1か月前に0.2%下げた後に、10月に0.1%上昇した。それは横ばいであると予想されていた。欧州委員会は、ユーロ圏の10月の経済信頼感指数を90.9(vs. 予想値89.6)、そして消費者信頼感指数を9月の-13.9に対して-15.5と報告した。

豪ドルは、 CADおよびUSDを例外として、その主要ペアのほとんどに対して強きだった。 

主要通貨ペアの動きを見ると、EUR/USDが木曜日のトレーディングでプレッシャーを受けていたことは驚きではない。同通貨ペアは上記ECBのコメントが出た後に71ピップス以上下げている。さらに、今日の下げで、プライスアクションは1.202の抵抗線と1.1605の支持線の間でもみ合いに留まる。  ブレイクアウトは、大きなトレンドが具現化する場所だ。バイアスは、前の強気のトレンドのために上向きに留まっているが、下方向のブレイクの可能性がある。脇に控えて、ブレイクアウトが確認されるまで、乱高下を避けることが最善となる。下方向のブレイクアウトは1.144エリアでのサポートを見つけることになるが、上方向へのブレイクアウトは、1.2265の抵抗線のターゲットを生む。 



出典:GAIN Capital, TradingView(トレーディングビュー)

トレーディングをお楽しみください。