注目記事

EURUSDは日中、プレッシャーがかかったまま

米ドルは木曜日に、 NZDおよびCADを例外として、その主要ペアのほとんどに対して強かった。米国の経済データの最新情報については、米抵当銀行協会住宅ローン申請が8月28日に終わる週について、その前の週の-6.5%に比較し、2.0%落ち込んだ。オードマチック・データ・プロセッシング(ADP)非農業部門雇用者数の変化は、7月の改定値21.2万人から8月の月間で42.8万人に高まった。製造業受注は、6月の改定値に沿って7月の月間で6.4%増加した。(予想値+6.1%)耐久財受注は、7月の速報値11.2%から、7月の確定値は月間で11.4%増加した(予想値+11.2%)。連邦準備制度理事会のベージュブック(地区連銀経済報告)は、全体の経済活動は、ほとんど地区でそこそこ増加したが、新型コロナ前の水準をはるかに下回っているままである。雇用は全体的に製造業で最も顕著に増えているものの、地区によっては雇用の伸びは減速していると報告していた。最後に、価格のプレッシャーは7月の最新のレポート以来、高まったが、わずかなままであった。  

木曜日は、8月29日で終わる週の新規雇用保険申請件数は、その前の週の100.6万人から95.0万人に減少することが予想されている。8月22日で終わる週の継続失業保険申請件数は、一週間前の1,453.5万人から1,400.0万人に下がることも予想されている。最後に、7月貿易赤字は、6月の507憶ドルから月間で580憶ドルに増加することが予想されている。      
               
ユーロは全ての主要通貨ペアに対して弱含んだ。ヨーロッパでは、欧州委員会が7月の生産者物価指数(PPI)を+0.6%(vs 予想値+0.5%)と発表した。ドイツ連邦統計局は7月の小売売上高を月間で-0.9%(vs 予想値+0.5%)と報告した。英国では、ネイションワイド建築協会が、住宅価格指数を8月の月間について+2.0%(vs 予想値+0.5%)とリリースした。

豪ドルは主要通貨ペア全てに対して弱含んだ。

EUR/USDは水曜日に58ピップス下落し、1.1854となり、その日に最も動いた通貨ペアであった。EUR/USDは1.2015と1.1695の間でもみあいとなっている。RSIは、この通貨ペアがもみあいとなっている間に下げのトレンドラインで抑えられており、弱気のダイバージェンスを示している。 





出典:GAIN Capital, TradingView(トレーディングビュー)

トレーディングをお楽しみください。