注目記事

外国為替トレーディングは英中銀の金利の発表後に平穏無事

米ドルは、GBPを例外として木曜日にほとんどの主要通貨に対して安かった。最新の米国の経済データについては、新規住宅着工件数はは7月の改定値149.2万件から8月の月間で141.6万件(予想148.8万件)に減少した。9月12日に終わる週の新規失業保険申請件数は、その前の週の改定値89.3万人から86.0万人(予想値85.0万人)に減少した。最後に、9月5日で終わる週の継続失業保険申請件数は、その前の週の改定値1,354.4万人から1,262.8万人(予想1,300万人)に下がった。   

金曜日に、8月の景気先行指数は7月の+1.4%から、月間で1.3%上昇することが予想されている。最後に、ミシガン大学消費者信頼感指数の9月の速報値は、8月の確定値の74.1%から月間で75.0%に増加することが予想されている。       

ユーロは日本円を例外として、ほとんどの主要通貨に対して強かった。ヨーロッパでは、欧州委員会が予想通り、8月のCPIを月間で-0.4%と確定値を発表した。イングランド銀行は予想通り、政策金利を0.10%に据え置いた。英中銀によれば:金利政策委員会は、余力を排除し、2%のインフレターゲットの達成において際立った前進が行われているとの明確な根拠が出てくるまで金融政策を引き締めるつもりはない。 

また、議事録の言及内容:最近の国内の経済データは、リスクを想定すると、いかに経済がさらに機能するのかについてそれがどの程度の情報を与えてくれるのかは明確ではないものの、委員会の8月の報告書の時点で予想したよりも若干強くなっている。英国を含め、世界の一部ではおそらく今年初めよりも小さい規模ではあるものの、Covid-19の最近の感染件数の増加が、経済活動をさらに抑える可能性がある。8月の報告にあるように、中央の見通しよりも、失業率が高まる期間がさらに持続するリスクがある。

豪ドルは主要通貨ペア全てに対して弱含んだ。 

USDJPYは、8月以来維持していた105.10の支持線レベルをブレイクした木曜日のトレーディングで滑り落ちた。トレンドは弱気のままであるため、104.20付近と最終的には103.45の7月の安値をテストすべく安値継続が期待される。106の抵抗線を上にブレイクすれば、リバウンドの試みの強気のシグナルとなるだろう。 





出典:GAIN Capital, TradingView(トレーディングビュー)

トレーディングをお楽しみください。