フランス大統領選―マクロン氏の地すべり的勝利に、今後のユーロは?

とうとう、広く注目されていたフランス大統領選の結果が確定しました。フランスの次期大統領の座をつかんだのは事前の予想通り、EU支持の中道派、エマニュエル・マクロン氏。反EU派のマリーヌ・ル・ペン「国民戦線」を大差で破る勝利は、EUに関する信認の明確な表明ということもできるでしょう。
日本時間5月8日(月)未明の出口調査による得票率は、マクロン氏65%に対しル・ペン党首35%。30ポイント差をつけています。最終結果も、大きくは変わらないとみられています。

ル・ペン党首は新たなる戦いへ

投票が締め切られ、出口調査からマクロン氏の地すべり的勝利が見込まれる中、ル・ペン党首は敗北宣言を発表。そのスピーチの中で、ル・ペン党首は国民戦線を「根本的に改革」し、6月の議会選挙において「戦いを率いる」ための新たな政治運動を起こすと約束しました。マクロン氏に対する敗北を受け入れはしたものの、ル・ペン党首は今回の選挙が極右勢力にとって歴史的な強さを示した結果であったこと、そして自身とその率いる国民戦線運動の戦いは一新され、決して終わることがない、という高らかな宣言でした。

マクロン新大統領―フランスと欧州のための舵取り

一方新大統領となるマクロン氏は、むしろ慎重な勝利宣言を発し、フランス社会における多様かつ根深い分断について言及しました。「文明の危機」という表現を掲げながら、この分断という問題に立ち向かい、不平等と戦う団結の力の代表としてフランスと欧州を守ることを宣言しています。
結果にともない、マクロン氏はドイツのメルケル首相、英国のメイ首相など世界の主要な指導者からすぐに祝福を受けています。米国のトランプ大統領はツイッターで、「エマニュエル・マクロン、次期フランス大統領となる今日の大勝利おめでとう!共に仕事ができるのが非常に楽しみだ!」と祝福を寄せています。

マーケットの反応
2週間前の第1回目投票直後、マクロン氏の突破がユーロへの安心材料となって急騰をもたらしたのに対し、今回の決着ではマーケットはかなり落ち着いた反応を見せています。今回は、広く期待されていたマクロン氏の勝利とその安心感はすでに織り込み済みであったといえるでしょう。また、マクロン氏がル・ペン党首に付けた差はかなり大きいものでしたが、これは直前の世論調査で予想されたものとそれほど変わることはありませんでした。
週明けのアジア市場では、ユーロは米ドルと日本円に対してやや窓を開けて高値からスタートしたのみで、比較的上昇は抑えられているようです。ヨーロッパ市場に向けて変化が見られる可能性はあるものの、総じてすでにサプライズではなかった選挙結果であったため、特段大きな反応は見られにくいといえるでしょう。

今後ユーロは今回の選挙結果によって支えられ、とりわけマクロン新大統領がEU支持の政策によってフランスをまとめられればその傾向は強まっていくでしょう。ただ同時に、ル・ペン党首が宣言した新しい政治運動がマクロン大統領にとって時を経るにつれ大きな抵抗となり、ユーロの上昇を抑える可能性もあります。今後数週間で始まる6月の議会選挙に向けてまだ目が離せないといえるでしょう。

本レポートに記載されている情報や見解は、一般的な情報としての使用のみを目的としたもので あり、通貨、CFD、その他あらゆる金融商品の、購入や売却に関する勧誘や依頼の意図は全くあ りません。本文書に盛り込まれている、いかなる見解や情報も、予告や通知なく変更することが あります。本文書は、特定の投資目的や、何らかの財務的背景、特定の受領者の意思などに沿っ て書かれ配布されたものではありません。本文書内で引用・言及されている、あらゆる過去の価 格データ・価格推移データは、当社独自の調査や分析に基づいており、当社はそのデータの提供 元やそのデータそのものの信頼性につき、いかなる保証もせず、また筆者や訳者、各国の支社・ 支店も、本文書の内容の正確性や完全性についても一切保証しません。本文書については英語版 を原版とし、翻訳版と原版で相違がある場合には、原版の内容が優先するものとします。本文書 の内容に基づく直接または間接の損失、そして本文書を信頼したことによる、いかなる人物や団 体が結果的に引き起こした損失についても、当社は一切その責を負いません。

先物取引、先物オプション取引、外国為替証拠金取引(またはFX)、CFD、その他、入金額より もレバレッジをかけて、より大きな金額で取引をする金融商品には、当初入金額を超える大きな 損失を被るリスクがあり、すべての人に適するわけではありません。レバレッジを大きくして取 引すると、その分リスクも高くなります。金スポットや銀の取引は、米国商品取引法(U.S. Commodity Exchange Act)の規制で保護されていません。また、差金決済取引(CFD)は米国 在住者の取引は許可されていません。外国為替証拠金取引(FX)や商品先物取引を行う前には、 投資目的、投資経験、リスク許容範囲等について十分検討する必要があります。本文書内にある、 いかなる見解、ニュース、調査、分析、価格その他についても、「本文書を読むいかなる人物や 団体も、FOREX.comが、投資、法的、税務に関して助言するものではないことを理解している」 ことを前提として、一般的な情報として提供されるものです。いかなる投資、法的、税務に関す る事柄についても、適切な専門家や助言者に相談をしてください。FOREX.comは、米国の商品先 物取引委員会(CFTC)、英国の金融行動監督機構(FCA)、オーストラリアのオーストラリア証 券投資委員会(ASIC)、日本の金融庁の規制を受けています。