FX Morning 03/18/2021

【前日の為替概況】FOMC2023 年までゼロ金利でドル下落、対円では108.75 円まで

17 日のニューヨーク外国為替市場でユーロドルは4 営業日ぶりに反発。終値は1.1979 ドルと前営業日 NY 終値(1.1903 ドル)と比べて0.0076 ドル程度のユーロ高水準。米連邦公開市場委員会(FOMC)結果公 表やパウエル米連邦準備理事会(FRB)議長の記者会見を前に様子見ムードが広がり、しばらくは1.1900 ドルを挟んだもみ合いが続いていたが、FOMC 結果公表後は全般ドル売りが優勢となった流れに沿って、 一時1.1985 ドルまで上値を伸ばした。

FOMC では、市場予想通りFF 金利の誘導目標を0.00-0.25%に据え置くことを全会一致で決定。声明で は経済活動と雇用について「回復ペースが穏やかになった後、最近は上向いてきた」と認識を引き上げた。 インフレについては前回の「弱い需要と先の原油価格の下落は消費者物価の上昇を抑えている」との文言 を削除したが、「引き続き2%を下回っている」と指摘した。注目されていたFOMC 参加者18 人による経 済・金利見通しでは、2023 年までゼロ金利政策を維持する方針が改めて示された。米早期利上げ観測が 後退したことで、一時は1.6868%前後と昨年1 月以来約1 年2 カ月ぶりの高水準を付けていた米10 年債 利回りが1.61%台まで低下し、為替市場ではドル安が進んだ。パウエルFRB 議長が会見で「全体的なイ ンフレ率は2%の目標を下回っている」とし、「一時的にインフレ率が2%を超えたとしても利上げの要件 を満たさない」「テーパリング議論を始める時ではない」との見解を示したこともドル売りを誘った。

ドル円は続落。終値は108.84 円と前営業日NY 終値(109.00 円)と比べて16 銭程度のドル安水準だっ た。米長期金利の上昇などを手掛かりに円売り・ドル買いが先行し、109.33 円まで上昇する場面があっ た。ただ、FOMC 後は全般ドル売りが優勢となった影響を受けて、108.75 円まで値を下げた。

FOMC 見通しでは21 年経済成長率が大幅に上方修正されたものの、政策金利については23 年末までゼ ロ金利政策が維持されるとの見通しが示された。市場では景気回復の加速を背景に「23 年に1 回の利上 げに踏み切る」との見方が増えていただけに、米金利の低下とともにドル売りで反応した。

ユーロ円は3 日ぶりに反発。終値は130.38 円と前営業日NY 終値(129.73 円)と比べて65 銭程度のユ ーロ高水準。ユーロドルの上昇につれた買いが入ったほか、米国株高に伴う円売り・ユーロ買いが出て一 時130.45 円と日通し高値を付けた。

【本日の東京為替見通し】ドル円、18-19 日の日銀金融政策決定会合控えて動きづらい展開か

本日の東京外国為替市場のドル円は、本日開催される米中外交トップ会談や本日から開催される日銀金 融政策決定会合を控えて動きづらい展開が予想される。豪ドルは2 月豪雇用統計が注目となる。

米連邦公開市場委員会(FOMC)では、フェデラルファンド(FF)金利の誘導目標レンジを0-0.25%で 据え置くことが決定され、2023 年末までのゼロ金利継続が示唆された。FOMC 参加者18 人による経済・金 利見通しでは、2023 年までに利上げが実施されると予想したメンバーは7 人となり、2020 年12 月の5 人から2 人増えていた。市場では、10 人程度に増えると予想されていたことで、ハト派と受け止められ、 ニューヨーク株式市場は上昇、ドルは軟調に推移している。

9 時30 分に発表される2 月豪雇用統計の予想は失業率が6.3%で1 月の6.4%から低下、新規雇用者数 は3.00 万人の増加で1 月の2.91 万人の増加から増加幅が増えると見込まれている。豪準備銀行(RBA) は、インフレ率と失業率の目標達成を2024 年と見込んでおり、失業率が6%台で推移している限り、現 状の金融緩和策への影響はないと思われる。リスクシナリオは、ネガティブサプライズを受けた豪ドル売 りとなる。

本日米アラスカ州で開催されるブリンケン米国務長官と中国の外交担当トップ、楊潔篪共産党政治局員 の会談では、台湾や南シナ海を巡る安全保障問題、ウイグルや香港の人権問題、経済などの幅広い分野で の論争が警戒されている。バイデン米政権は、今月12 日に日米豪印4 カ国「クアッド」、16 日に日本と の外務・防衛閣僚会合(「2 プラス2」)、17 日に韓国との「2 プラス2」などを開催して、「国際秩序に挑 戦する唯一の競争相手」である中国包囲網を構築しており、中国側は批判を強めている。米中関係が緊迫 化した場合、極東の地政学リスクが高まり、日本経済やオーストラリア経済への悪影響が警戒されるリス ク回避の地合いとなるため要警戒か。

ドル円の注文状況は、上値には、109.40-50 円に断続的にドル売りオーダーが控えている。下値には、 108.70 円と108.50 円にドル買いオーダーが控えている。

【本日の重要指標】 ※時刻表示は日本時間

<国内>
○08:50 ◇ 対外対内証券売買契約等の状況(週次・報告機関ベース)
○日銀金融政策決定会合(1 日目)

<海外>
○06:45 ☆ 10-12 月期ニュージーランド(NZ)国内総生産(GDP、予想:前期比0.1%/前年比0.5%)
○09:30 ◎ 2 月豪雇用統計(予想:失業率6.3%/新規雇用者数3.00 万人)
○16:30 ◇ 2 月スイス生産者輸入価格
○17:00 ◎ ラガルド欧州中央銀行(ECB)総裁、議会証言
○17:30 ◇ 2 月スウェーデン失業率
○18:00 ◎ ノルウェー中銀、政策金利発表(予想:0.00%で据え置き)
○19:00 ◇ 1 月ユーロ圏貿易収支(予想:季節調整前なし/季節調整済290 億ユーロの黒字)
○20:00 ◎ トルコ中銀、政策金利発表(予想:18.00%に引き上げ)
○20:00 ◎ カンリフ英中銀(BOE)副総裁、講演
○21:00 ☆ 英中銀金融政策委員会(MPC)2 日目、終了後政策金利発表(予想:0.10%で据え置き、資産 買取プログラムは8950 億ポンドで据え置き)
○21:00 ☆ MPC 議事要旨
○21:30 ◎ 3 月米フィラデルフィア連銀製造業景気指数(予想:23.0)
○21:30 ◎ 前週分の米新規失業保険申請件数/失業保険継続受給者数(予想:70.0 万件/407.0 万人)
○21:30 ◎ ホールデン英MPC 委員、講演
○22:00 ◎ デギンドスECB 副総裁、講演
○23:00 ◎ 2 月米景気先行指標総合指数(予想:前月比0.3%)
○19 日00:30 ◎ エルダーソンECB 専務理事、講演
○19 日00:55 ◎ パウエル米連邦準備理事会(FRB)議長、あいさつ
○19 日03:00 ◎ シュナーベルECB 専務理事、講演

※「予想」は特に記載のない限り市場予想平均を表す。▲はマイナス。
※重要度、高は☆、中は◎、低◇とする。
※指標などの発表予定・時刻は予告なく変更になる場合がありますので、ご了承ください。

【前日までの要人発言】

17 日07:45 米政府関係筋
「早ければ来週にもロシア制裁へ

17 日09:21 ケント豪準備銀行(RBA)総裁補佐
「金融政策が資産価格をコントロールすべきではないし、 できるとも思わない」
「資産価格の動向には注視している」
「インフレがRBA 目標レンジ2-3%で持続的と確認さ れるまで政策金利は引き上げられない」
「RBA の債券保有、適度に良好なペースで拡大」
「マイナス金利を検討していない」
「オフィシャルキャッシュレートは実質的な下限の水準」

17 日10:47 ブリンケン米国務長官
「東シナ海や南シナ海などで中国はより攻撃的かつ抑 圧的に行動している」

17 日16:44 中国外務省
「日米共同宣言を受けて両国に断固抗議」
「中国への内政干渉や権益侵す包囲網形成をやめるよ うに日米に求める」
「尖閣諸島で議論の余地ない主権持 っている」

17 日22:27 世界保健機関(WHO)
「アストラゼネカ製のワクチンは恩恵がリスクを上回る」

18 日03:03 米連邦公開市場委員会(FOMC)声明
「FRB はこの厳しい局面で米経済を支援するためにあら ゆる手段を行使し、雇用最大化と物価安定という目標を 促進することに全力で取り組む」
「新型コロナウイルスのパンデミックは、米国および世界 中で多大な人的および経済的苦難をもたらしている」
「回復ペースが鈍化した後、パンデミックによって最も悪 影響を受けたセクターは依然として弱いものの、経済活 動と雇用の指標は最近上昇している」
「インフレ率は引き続き2%を下回っている」
「経済および米国の家計や企業への信用の流れを支援 するための政策措置を部分的に反映し、全体的な金融 状況は引き続き緩和的だ」
「経済の道筋はワクチン接種の進捗状況を含め、ウイル スの行方に著しく左右されるだろう」
「現在進行中の公衆衛生の危機は引き続き、経済活動、 雇用、インフレの重しとなり、経済見通しに著しいリスク をもたらすだろう」
「委員会は雇用最大化と長期的な2%のインフレ率の達 成を目指す」
「この長期的な目標を下回るインフレ率が続いているた め、委員会は当面、2%をやや上回る程度のインフレ率 の達成を目指す」
「これによりインフレ率は時間とともに平均で2%になり、 長期的なインフレ期待は2%にしっかりととどまる」
「これらの結果が達成されるまで、委員会は緩和的な金 融政策の姿勢を維持すると予想する」
「委員会の最大雇用と物価安定の目標に向けてさらに 著しい進展が見られるまで、FRB は引き続き米国債の 保有を少なくとも月800 億ドル、エージェンシーローン担 保証券の保有を少なくとも月400 億ドル増やす」
「これらの資産購入は、円滑な市場機能と緩和的な金融 状況の促進を支援し、それによって家計や企業への信 用の流れを支援する」
「金融政策の適切な姿勢を評価するに当たり、委員会は 今後もたらされる経済見通しに関する情報の意味を引 き続き監視する」
「もし委員会の目標の達成を妨げる可能性があるリスク が生じた場合、委員会は金融政策の姿勢を適切に調整 する準備がある」
「委員会の評価は、公衆衛生に関連する情報、労働市 場の状況、インフレ圧力、インフレ期待、金融と世界の 動向を含む幅広い情報を考慮する」
「今回の決定は全会一致」

18 日03:36 パウエル米連邦準備理事会(FRB)議長
「政策措置のおかげで、最悪の経済的結果のいくつか は回避された」
「今後も必要な限りサポートを続ける」
「金融政策は回復が完了するまで著しい支援を提供」
「ワクチンは今年後半に一段と正常な状態を提供する」
「回復は一般的な予想よりも早く進んだ」
「経済回復は引き続き不均衡かつ不完全」
「全体的なインフレ率は2%の目標を下回っている」
「今後数カ月でインフレは上昇する」
「価格の一時的な引き上げは一時的な影響を与える可 能性がある」
「一時的にインフレ率が2%を超えたとして も利上げの要件を満たさない」
「テーパリング議論を始 める時ではない」
「テーパリングのかなり前に進捗状況 について話したい」
「予測だけでなく、実際のデータを見 たい」
「SLR について数日中に発表する」
「(10 年債利回り上昇)金融環境を幅広く注視している」
「現行の金融政策スタンスは適切」
「現行の資産購入は全ての年限において適切」
「目標からは依然として程遠い」

※時間は日本時間

〔日足一目均衡表分析〕

fx morning 18032021 chart 1

<ドル円=3/8 安値を支持に押し目買いスタンス>
陰線引け。一目・転換線は基準線を上回り、遅行スパンは 実線を上回り、一目・雲の上で引けていることで、三役好転 の強い買いシグナルが点灯中している。2 手連続陰線で反落 しているものの、転換線を上回って引けていることから反発 の可能性が示唆されている。
本日は、3 月8 日の安値を支持に押し目買いスタンスで臨 み、同水準を下抜けた場合は手仕舞い。

レジスタンス1 109.70(2020/6/8 高値)
前日終値 108.84
サポート1 108.27(3/8 安値)
サポート2 107.82(3/5 安値)
fx morning 18032021 chart 2

<ユーロドル=転換線を支持に押し目買いスタンス>
陽線引け。一目・転換線は基準線を下回り、遅行スパンは 実線を下回り、一目・雲の下で引けていることで、三役逆転 の強い売りシグナルが点灯している。3 手連続陰線の後、抱 き線で反発して転換線を上回って引けていることから続伸 の可能性が示唆されている。
本日は、転換線を支持に押し目買いスタンスで臨み、同線 を下抜けた場合は手仕舞い。

レジスタンス1 1.2040(日足一目均衡表・基準線)
前日終値 1.1979
サポート1 1.1913(日足一目均衡表・転換線)
fx morning 18032021 chart 3

<ポンド円=転換線を支持に押し目買いスタンス>
陽線引け。一目・転換線は基準線を上回り、遅行スパンは 実線を上回り、一目・雲の上で引けていることで、三役好転 の強い買いシグナルが点灯している。高値圏での抱き線で反 発し、転換線を上回って引けていることから続伸の可能性が 示唆されている。
本日は、転換線を支持に押し目買いスタンスで臨み、同線 を下抜けた場合は手仕舞い。

レジスタンス1 152.73(2018/4/27 週高値)
前日終値 152.00
サポート1 150.94(日足一目均衡表・転換線)
fx morning 18032021 chart 4

<NZ ドル円=転換線を支持に押し目買いスタンス>
陽線引け。一目・転換線は基準線を上回り、遅行スパンは 実線を上回り、一目・雲の上で引けていることで、三役好転 の強い買いシグナルが点灯している。高値圏での抱き線で反 発し、転換線を上回って引けていることから続伸の可能性が 示唆されている。
本日は、転換線を支持に押し目買いスタンスで臨み、同線 を下抜けた場合は手仕舞い。

レジスタンス1 79.21(2/25 高値)
前日終値 78.82
サポート1 78.10(日足一目均衡表・転換線)
fx morning 18032021 chart 5

情報提供元:DZHフィナンシャルリサーチ社

本レポートに記載されている情報や見解は、一般的な情報としての使用のみを目的としたもので あり、通貨、CFD、その他あらゆる金融商品の、購入や売却に関する勧誘や依頼の意図は全くあ りません。本文書に盛り込まれている、いかなる見解や情報も、予告や通知なく変更することが あります。本文書は、特定の投資目的や、何らかの財務的背景、特定の受領者の意思などに沿っ て書かれ配布されたものではありません。本文書内で引用・言及されている、あらゆる過去の価 格データ・価格推移データは、当社独自の調査や分析に基づいており、当社はそのデータの提供 元やそのデータそのものの信頼性につき、いかなる保証もせず、また筆者や訳者、各国の支社・ 支店も、本文書の内容の正確性や完全性についても一切保証しません。本文書については英語版 を原版とし、翻訳版と原版で相違がある場合には、原版の内容が優先するものとします。本文書 の内容に基づく直接または間接の損失、そして本文書を信頼したことによる、いかなる人物や団 体が結果的に引き起こした損失についても、当社は一切その責を負いません。

先物取引、先物オプション取引、外国為替証拠金取引(またはFX)、CFD、その他、入金額より もレバレッジをかけて、より大きな金額で取引をする金融商品には、当初入金額を超える大きな 損失を被るリスクがあり、すべての人に適するわけではありません。レバレッジを大きくして取 引すると、その分リスクも高くなります。金スポットや銀の取引は、米国商品取引法(U.S. Commodity Exchange Act)の規制で保護されていません。また、差金決済取引(CFD)は米国 在住者の取引は許可されていません。外国為替証拠金取引(FX)や商品先物取引を行う前には、 投資目的、投資経験、リスク許容範囲等について十分検討する必要があります。本文書内にある、 いかなる見解、ニュース、調査、分析、価格その他についても、「本文書を読むいかなる人物や 団体も、FOREX.comが、投資、法的、税務に関して助言するものではないことを理解している」 ことを前提として、一般的な情報として提供されるものです。いかなる投資、法的、税務に関す る事柄についても、適切な専門家や助言者に相談をしてください。FOREX.comは、米国の商品先 物取引委員会(CFTC)、英国の金融行動監督機構(FCA)、オーストラリアのオーストラリア証 券投資委員会(ASIC)、日本の金融庁の規制を受けています。