注目記事

GBP USD at critical juncture ahead of Bank of England

Thursday brings the highly anticipated Bank of England monetary policy decision. In the run-up to this decision, speculation that the central bank will remain dovish has combined with a persistently strong US dollar to place heavy pressure on GBP/USD. Markets are currently expecting no major changes to interest rates or monetary policy by the BoE on Thursday. Therefore, any hawkish surprises in policy, rhetoric, or Monetary Policy Committee (MPC) votes will very likely make a substantially positive impact on sterling. In the event that the central bank remains as dovish as expected, however, any continued strength in the US dollar could help exacerbate the current GBP/USD slide of the past three weeks.

BoE Governor Mark Carney recently took the opportunity in an interview to lower expectations for an imminent rate hike due to weak data out of the UK. As a result, the pound was hit severely, as previously high expectations for another impending rate increase were greatly diminished. Coupled with the sharp rise in the dollar, the drop in the pound prompted GBP/USD to take a steep dive in subsequent days and weeks. Therefore, as noted, barring any hawkish surprises on Thursday, if the BoE remains as dovish as Carney recently implied, GBP/USD could remain under pressure.

In the handful of trading days running up to the BoE’s Super Thursday, which will also feature the central bank’s pivotal inflation report, GBP/USD has consolidated in a tight range around its 200-day moving average, a critical technical juncture. Prior to this consolidation, the currency pair had fallen precipitously since mid-April, breaking down below multiple key support levels, including a clear uptrend line extending back to early 2017 as well as the important 1.3700-area support. Having currently settled around its key 200-day moving average, as noted, the near-term outlook will rely in large part on the content of the BoE’s Thursday decision. If it is as dovish as expected, GBP/USD has the potential to break below the 200-day moving average, especially if the US dollar remains as well-supported as it has been in recent weeks. The currency pair has not traded significantly below this major moving average since April of 2017. With any such GBP/USD breakdown, the next major downside target resides around the key 1.3300 support area.


本レポートに記載されている情報や見解は、一般的な情報としての使用のみを目的としたもので あり、通貨、CFD、その他あらゆる金融商品の、購入や売却に関する勧誘や依頼の意図は全くあ りません。本文書に盛り込まれている、いかなる見解や情報も、予告や通知なく変更することが あります。本文書は、特定の投資目的や、何らかの財務的背景、特定の受領者の意思などに沿っ て書かれ配布されたものではありません。本文書内で引用・言及されている、あらゆる過去の価 格データ・価格推移データは、当社独自の調査や分析に基づいており、当社はそのデータの提供 元やそのデータそのものの信頼性につき、いかなる保証もせず、また筆者や訳者、各国の支社・ 支店も、本文書の内容の正確性や完全性についても一切保証しません。本文書については英語版 を原版とし、翻訳版と原版で相違がある場合には、原版の内容が優先するものとします。本文書 の内容に基づく直接または間接の損失、そして本文書を信頼したことによる、いかなる人物や団 体が結果的に引き起こした損失についても、当社は一切その責を負いません。

先物取引、先物オプション取引、外国為替証拠金取引(またはFX)、CFD、その他、入金額より もレバレッジをかけて、より大きな金額で取引をする金融商品には、当初入金額を超える大きな 損失を被るリスクがあり、すべての人に適するわけではありません。レバレッジを大きくして取 引すると、その分リスクも高くなります。金スポットや銀の取引は、米国商品取引法(U.S. Commodity Exchange Act)の規制で保護されていません。また、差金決済取引(CFD)は米国 在住者の取引は許可されていません。外国為替証拠金取引(FX)や商品先物取引を行う前には、 投資目的、投資経験、リスク許容範囲等について十分検討する必要があります。本文書内にある、 いかなる見解、ニュース、調査、分析、価格その他についても、「本文書を読むいかなる人物や 団体も、FOREX.comが、投資、法的、税務に関して助言するものではないことを理解している」 ことを前提として、一般的な情報として提供されるものです。いかなる投資、法的、税務に関す る事柄についても、適切な専門家や助言者に相談をしてください。FOREX.comは、米国の商品先 物取引委員会(CFTC)、英国の金融行動監督機構(FCA)、オーストラリアのオーストラリア証 券投資委員会(ASIC)、日本の金融庁の規制を受けています。