注目記事

GBPUSD Back Above 1.30 as Barnier says Brexit Deal Realistic in 6-8 Weeks

Sometimes, it’s best to keep the analysis simple.

As the informal “deadline” for a Brexit deal draws nearer, sterling is becoming more attuned to headlines about the likelihood and structure of a deal. The UK’s relationship with its peers in the European Union is rapidly becoming the factor to watch when trading the pound, trumping central bank actions and traditional economic data.

Therefore, it’s not surprising that GBP/USD has spiked following today’s headlines from chief EU Brexit negotiator Michel Barnier that an agreement is “realistic” in 6-8 weeks. A subsequent report from the Guardian that a Brexit summit was likely to be scheduled for mid-November, adding some meat to Barnier’s comments. While we’ve seen similar “false dawns” before, rhetoric and actions around a potential Brexit deal have taken on a distinctly positive tone of late (see “GBP/USD Hits 3-Week Highs on Bullish Brexit Chatter” for more) , raising the prospects of a GBP-positive deal in the coming weeks.

Technically speaking, GBP/USD has spiked above 1.30 on the headlines to peak above both its bearish trend line off the early May high and its 50-day moving average. A close near today’s highs would give bulls more confidence that the trend is indeed turning higher. In that case, the next level of resistance to watch will be the late July highs and the 100-day moving average around 1.3200. Conversely, a failure to hold today’s breakout could lead a small dip, but the near-term rising trend line around 1.2900 should provide an intraday floor as long as Brexit rhetoric maintains its positive tone.

As a final note, while Brexit developments will remain (pun not intended) the primary factor driving trade in cable, there are a couple of economic developments to watch this week. Tomorrow’s trade brings the monthly UK jobs report, with economists expecting +3.6k net new jobs and wages to rise at 2.5% year-over-year. Then, Thursday brings the BOE meeting, though having just raised its benchmark interest rate to 0.75% last month, little intrigue is likely.

 

Source: TradingView, FOREX.com


本レポートに記載されている情報や見解は、一般的な情報としての使用のみを目的としたもので あり、通貨、CFD、その他あらゆる金融商品の、購入や売却に関する勧誘や依頼の意図は全くあ りません。本文書に盛り込まれている、いかなる見解や情報も、予告や通知なく変更することが あります。本文書は、特定の投資目的や、何らかの財務的背景、特定の受領者の意思などに沿っ て書かれ配布されたものではありません。本文書内で引用・言及されている、あらゆる過去の価 格データ・価格推移データは、当社独自の調査や分析に基づいており、当社はそのデータの提供 元やそのデータそのものの信頼性につき、いかなる保証もせず、また筆者や訳者、各国の支社・ 支店も、本文書の内容の正確性や完全性についても一切保証しません。本文書については英語版 を原版とし、翻訳版と原版で相違がある場合には、原版の内容が優先するものとします。本文書 の内容に基づく直接または間接の損失、そして本文書を信頼したことによる、いかなる人物や団 体が結果的に引き起こした損失についても、当社は一切その責を負いません。

先物取引、先物オプション取引、外国為替証拠金取引(またはFX)、CFD、その他、入金額より もレバレッジをかけて、より大きな金額で取引をする金融商品には、当初入金額を超える大きな 損失を被るリスクがあり、すべての人に適するわけではありません。レバレッジを大きくして取 引すると、その分リスクも高くなります。金スポットや銀の取引は、米国商品取引法(U.S. Commodity Exchange Act)の規制で保護されていません。また、差金決済取引(CFD)は米国 在住者の取引は許可されていません。外国為替証拠金取引(FX)や商品先物取引を行う前には、 投資目的、投資経験、リスク許容範囲等について十分検討する必要があります。本文書内にある、 いかなる見解、ニュース、調査、分析、価格その他についても、「本文書を読むいかなる人物や 団体も、FOREX.comが、投資、法的、税務に関して助言するものではないことを理解している」 ことを前提として、一般的な情報として提供されるものです。いかなる投資、法的、税務に関す る事柄についても、適切な専門家や助言者に相談をしてください。FOREX.comは、米国の商品先 物取引委員会(CFTC)、英国の金融行動監督機構(FCA)、オーストラリアのオーストラリア証 券投資委員会(ASIC)、日本の金融庁の規制を受けています。