注目記事

GBPUSDは弱気のクロスオーバー

米ドルは月曜日、全ての主要通貨ペアに対して弱含んだ。米国の最新経済データについては、主要経済データのリリースはなかった。  

火曜日に、8月の卸売在庫の速報値は、7月の確定値の-0.3%から月間で0.1%減少することが予想されている。最後に、9月の全米産業審議委員会の消費者信頼感指数は8月の84.8から月間で90.0に上昇することが予想されている。                  

ユーロは、 AUD、CHFおよびGBPを例外として、その主要通貨ペアのほとんどに対して強気となった。ヨーロッパでは、主要統計情報のリリースはなかった。

豪ドルはGBPを例外として、ほとんどの主要通貨に対して強かった。

GBP/USDは、月曜日のトレーディングで87ピップス上昇し、1.2833となり、同通貨ペアは最大のピップスの動きとなった。主要抵抗線は1.2985レベル(緑の線)に留まっている。20日移動平均線が50日移動平均線を下にクロスした後に弱気のクロスが確認された。1.2985が上方向にブレイクしない場合、1.251に向けた下方向継続が期待される。 



出典:GAIN Capital, TradingView(トレーディングビュー)

トレーディングをお楽しみください。