注目記事

米ドルは火曜日に、 CADおよびCHFを例外として、その主要ペアのほとんどに対して弱気だった。米国の経済データの最新情報については、全米自営業者連合中小企業楽観指数は9月に沿って10月の月間で104.0(予想値104.1)にとどまっていた。最後に、米国の求人労働異動調査は、8月の改定値635.2万人に比較し、9月の月間で643.6万人(予想650.0万人)に増加した。  

水曜日には、11月6日で終わる週の米抵当銀行協会住宅ローン申請データが予定されている。      

ユーロは、 CADおよびCHFを例外として、その主要ペアのほとんどに対して強気であった。ヨーロッパでは、11月のZEW景況観調査の結果がドイツについてリリースされた(予想値-63.5に対して-64.3が現状指数、期待指数は予想値44.3に対して39.0)。また、フランスのINSEEは第3四半期のILO失業率を9%(vs. 予想値7.5%)、9月の鉱工業生産を+1.4%(vs. 月間予想値+0.7%)と報告した。それとは別に、英国国家統計局は9月までの3か月の失業率を予想通り、4.8%と公表した。

豪ドルは、 CADおよびCHFを例外として、その主要ペアのほとんどに対して弱気であった。

最大な動きとなった通貨ペアを見ると、GBP/USDは火曜日のトレーディングで100ピップス上昇し、1.3258となった。上昇トレンドラインは、1.2845レベルで主要支持線で機能している状態です。プライスアクションは1.3185レベルでの10月高値を取っていた。上昇継続と1.351レベルの12月の高値に向けた上昇トレンド継続を期待したい。 



出典:GAIN Capital, TradingView(トレーディングビュー)