注目記事

GBPUSDが主要抵抗線に挑む

米ドルはCHFとJPYを例外として月曜日にその主要ペアのほとんどに対して弱含んだ。  

経済データの最新情報については、主要経済データのリリースが一切ありませんでした。   

木曜日に、6月のシカゴ連銀全米活動指数は5月の2.61から月間で4.00に急増することが予想されている。

ユーロはCHF、JPY、およびUSDを例外として、その主要ペアのほとんどに対して弱含んだ。ヨーロッパでは、欧州中央銀行はユーロ圏の5月の経常収支は80億ユーロの黒字であったと報告された。(4月は144億ユーロお黒字)ドイツの6月の生産者物価指数(PPI)は0.2%の予想に対して0.0%であったとリリースされた。

豪ドルは、 CADおよびGBPを例外として、その主要ペアのほとんどに対して強かった。

月曜に1日で大きく上昇したペアを見ると、GBP/USDは87ピップス飛び、1.2655になった。同通貨ペアは、今月の初旬にフォーリングウェッジの強気の反転パターンの上をブレイクして以来、実に素晴らしくリバウンドした。シメトリカルトライアングルの継続パターンの上への直近のブレイク後の6月の高値をテストすべく押し上げるの見ることになるのだろうか。主要抵抗線は1.267に設定されている。1.267の上へのブレイクは、1.275と1.28のエクステンションの方向に道を開くだろう。 





出典:GAIN Capital, TradingView(トレーディングビュー)