注目記事

GBPUSDはブレグジットの懸念で下げる

米ドルは火曜日、全ての主要通貨ペアに対して強気だった。米国の経済データの最新情報については、米国中小企業楽観主義指数は8月の100.2から9月の月間で104.0(予想値100.9)に急上昇した。最後に、消費者物価指数は、8月の+0.4%に比較し、9月の月間で0.2%(予想通り)増加した。 

水曜日には、10月9日で終わる週の米抵当銀行協会住宅ローン申請データが予定されている。9月の生産者物価指数は8月の+0.3%に比較し、月間で0.2%上昇することが予想されている。  最後に、月間財政赤字は、8月の2,001憶ドルから月間で1,240憶ドルに縮小することが予想されている。    

ユーロは、 AUD、CHFおよびGBPを例外として、その主要ペアのほとんどに対して弱気だった。ヨーロッパではIMFがユーロ圏のGDPが以前の-10.2%に比較し、2020年に8.3%縮小すると予測している。2021については、以前の6%の予想から下げ、5.2%の拡大が予想されている。10月のZEWの景況感調査結果はドイツについてリリースされた(現在の状況-59.5 vs. -60.0、結果56.1 vs. 予想値72.0)。ドイツ連邦統計国は、9月CPIを年間で予想通り-0.2%の確定値を発表した。英国国家統計局は、8月までの3か月の失業率を4.5%(vs. 予想値4.3%)と報告した。

豪ドルはGBP.を例外として、ほとんどの主要通貨に対して弱含んだ。 

ダウ平均株価は火曜日のトレーディングで157.71ポイント(-0.55%)下げて、28679.81となった。 

金は$31.03(-1.61%)下げて、$1891.74になった。

WTI原油は$0.76 (+1.93%)上昇し、$40.19になった。

最も活発な主要通貨ペアを見ると、GBP/USDは129ピップス下げ、、1.2935になった。主要抵抗線は、1.3085エリアで確認することができる。同通貨ペアは、月曜日に50日移動平均線の上にブレイクした後にモーメンタムを強めることに失敗し、バイアスは日足で弱気のままとなっている。主要支持線は下げ方向の1.251を主要ターゲットとし、1.2675にある。 



出典:GAIN Capital, TradingView(トレーディングビュー)

トレーディングをお楽しみください。