注目記事

GBPUSDは日中、リバウンドとなった。

経済データの最前線では、中古住宅販売件数が、2010年を最後にした低い件数であり、4月の433万件数から5月の月間391万件(409万件数が予想)に落ち込んだ。 
火曜日は、Markitの米国製造業購買担当者景気指数6月の速報値は、5月の最終値39.8から月間で51.5に急上昇となることが予測されている。最後に、5月の新築住宅販売件数は、4月の62.3万件から月間で64万件に増加することが予測されている。
                                                                                            
ユーロは、 NZD、AUD、およびGBPを例外として、その主要ペアのほとんどに対して強かった。ヨーロッパでは、ユーロ圏の消費者信頼感指数が6月の速報値で1か月前の-18.8に対し、-14.7(-15が予想)であった。

豪ドルは、NZD.を例外としてほとんどの主要通貨に対して強かった。 

動いた通貨ペアを見ると、GBP/USDは月曜日のトレーディング1.2466へ116ピップス上昇し、最も活発な通貨ペアの1つとなった。このペアは1.234の安値からリバウンドした。価格は、レジスタンスとしての200期間MAをテストしています。1.242がサポートとなっている限り、1.251(1.267のスイングハイと1.234のスイングローからの50%リトレースメント)と1.255(61.8%のフィボナッチリトレースメント)をリバウンドのターゲットとして目指してください。






出典:GAIN Capital, TradingView(トレーディングビュー)

トレーディングをお楽しみください。