注目記事

GBPUSDのリバウンドが優勢

米ドルは木曜日に、 NZDを例外として、その主要ペアのほとんどに対して強かった。米国の最新経済データについては、10月17日で終わる週の新規失業保険申請者数は、その前の週の改定値84.2万人から78.7万人(予想87.0万人)に減少した。10月10日で終わる週の継続失業保険申請件数は、その前の週の改定値939.7人から837.3万人(予想962.5万人)に下がった。先行景気指数は8月の改定値+1.4%に比較し、9月の月間で0.7%(予想値は+0.6%)増加した。最後に、中古住宅販売件数は、2006年半ばに最後に達したレベルの8月の改定値598万件から9月の月間で654万件(予想値630万件)に増加した。           

金曜日は、Markitの米国製造業購買担当者景気指数の10月の速報値は、9月の確定値53.2から月間で53.5に上昇することが予測されている。  

ユーロはGBPを例外として、ほとんどの主要通貨に対して弱気であった。ヨーロッパではユーロ圏の委員会は、消費者信頼感指数を-15.5(vs. 予想値-13.9)と10月のインジケーターについて最初のリリース報告を行った。  それとは別に、11月ドイツのGfK消費者信頼感指数は-3.1(vs. 予想値-3.0)とリリースされた。際立っていたのは、フランスのフランス国立統計経済研究所(INSEE)は、10月の景況感指数を90(vs. 予想値92)、製造業景況感指数を93(vs. 予想値96)と報告した。

豪ドルは、 NZDおよびCADを例外として、その主要ペアのほとんどに対して強きだった。

GBP/USDは、木曜日のトレーディングで70ピップス下げて1.3079となり、長期トレンドが強気に見えるものの、この通貨ペアは米ドル高で最大の動きとなった。上昇トレンドラインは3月の安値から有効である。支持線は、1.2845レベルで確認することができる。同通貨ペアが1.2845の支持線レベルの下にブレイクしない限り、1.351レベル周辺の12月の高値に向けた上昇継続と上昇トレンド継続を期待したい。 



出典:GAIN Capital, TradingView(トレーディングビュー)

トレーディングをお楽しみください。