注目記事

GBPUSDは弱気のバイアスがかかり、不安定な状態

米ドルは木曜日、全ての主要通貨ペアに対して強気だった。米国の経済データの最新情報については、ニューヨーク連銀製造業景気指数は9月の17.0から10月の月間で10.5(予想値14.0)に下がった。10月10日で終わる週の新規失業保険申請件数は、その前の週の改定値84.5万人から89.8万人(予想値82.5万人)に増加した。最後に、10月3日で終わる週の継続失業保険申請件数は、その前の週の改定値1,118.3人から1,0001.8万人(予想1,055.0万人)に下がった。

9月の小売売上高は8月の+0.6%に比較し、月間で0.8%上昇することが予想されている。9月の鉱工業生産は8月の+0.4%に比較し、月間で0.6%上昇することが予想されている。最後に、ミシガン大学消費者信頼感指数の6月の速報値は、9月の確定値の80.4%から月間で80.5%に進むすることが予想されている。           

ユーロは、CHF、JPY、およびUSDを例外として、その主要ペアのほとんどに対して強気だった。ヨーロッパでは、フランスのINSEEは9月のCPIの確定値を+0.0%(vs. 年間予想値+0.1%)と公表した。

豪ドルは主要通貨ペア全てに対して弱気であった。

最も活発な主要通貨ペアを見ると、GBP/USDは1.2897に115ピップス下げた後に、最大の動きとなった。主要抵抗線は、1.3085レベルに留まっている。同通貨ペアは、月曜日に50日移動平均線の上にブレイクした後にモーメンタムを強めることに失敗し、バイアスは日足で弱気のままとなっている。主要支持線は下げ方向の1.251を主要ターゲットとし、1.2675にある。 



出典:GAIN Capital, TradingView(トレーディングビュー)

トレーディングをお楽しみください。