注目記事

GBPUSDは弱気のトレンドのままである。


木曜日は、5月の卸売在庫の速報値は、4月の確定値の+0.3%から月間で0.4%増加することが予想されている。5月の耐久財受注の速報値は、4月の確定値の-17.7%から月間で10.1%急増することが予想されている。第1四半期GDP確報値は、四半期で-5.0%のままであることが予想されている。6月20日で終わる週の新規失業保険申請件数は、その前の週の150.8万人から133.5万人に減少することが予想されている。最後に、6月13日で終わる週の継続する申請件数は、その前の週の2,054万人から2,000万人に減少することが予想されている。                                                                                                                            

ユーロは、 CHFおよびUSDを例外として、その主要ペアのほとんどに対して強かった。ヨーロッパでは、IMFが、ユーロ圏のGDPが2020年10.2%縮小、つまり、4月の前回の予測よりも2.7%下がることを予想している。ドイツでは単独で、5月の79.7(79.5から改訂)に比較し、IFO景況感指数が6月に86.2となり、85.0が予想されていた。現況のサブ指数は、前の月の78.9に比較し、81.3となり、84.0が予想されていた。期待サブ指数は1か月前の80.5に比較し、91.4に留まっており、87.0が予想されていた。フランスでは、製造業の景況感指数は、前月に予想値79で71であったのに比較し、6月に77であった。その部分では、全体として景況感指数は、5月の60(59から改訂)に比較し、78にとどまり、72が予想されていた。

豪ドルは、NZD.を例外としてほとんどの主要通貨に対して弱かった。 

水曜日に最も動いた通貨ペアはGBP/USDであり、1.2419まで98ピップス下落した。同通貨ペアは弱気のトレンドチャンネル内に収まっている。価格が1.2465以下に留まることができる限り、安値の1.2341の支持線を再度テストすることを予想する。





出典:GAIN Capital, TradingView(トレーディングビュー)

トレーディングをお楽しみください。